バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
くりの木のこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くりの木のこと

  • 絵本
作: 島本一男
絵: ひろかわ さえこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784752002895

4、5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いつもわんぱくなゆうちゃんが、園庭のくりの木が切られることを知った途端、「やめろー」と駆け出して行った。子どもたちと、くりの木のつながりを描いたノンフィクション。

ベストレビュー

涙こらえて読んでます

あさかわ保育園に本当にあった樹齢50年以上の「くりの木」。
春夏秋冬、子ども達はいつもくりの木と一緒。
くりの木は、みんなの大切なともだちでした。

ある時、そのくりの木が切られることに!!
ガッカリする子ども達。
それでも、工事は進みます。
次々切り落とされるくりの木の枝。
たまらず、「やめろー!!」と叫んだのは、
いつもわんぱくなゆうちゃん。

子ども達のまっすぐな想い、それでもやらなければいけない現実。
切なくて、読むたび涙が出そうになります。
娘も、この本を読むと、何故か私の膝に座ってきます。

あとがきに
「くりの木が子ども達に与えてくれた教育って計り知れないよね」
と1人のお父さんに声をかけられたとあります。
今はもう無い くりの木ですが、それは 歌となり、本となり、
そして、遠い地の子ども達に 今もそしてこれからも、
いろいろなものを与え続けてくれることでしょう。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


島本一男さんのその他の作品

紙芝居 どんぐりのあかちゃん / 紙芝居 どっちだ?

ひろかわ さえこさんのその他の作品

ぞろりぞろりとやさいがね / わかってるもん / まーだだよ / あと、いくつ? / ばななちゃん / いちごちゃん



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

くりの木のこと

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット