ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
どんちゃんぐりちゃんまつぼっちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんちゃんぐりちゃんまつぼっちゃん

作・絵: こじま しほ
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「どんちゃんぐりちゃんまつぼっちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784894234390

関連書籍
どんちゃんぐりちゃん


出版社からの紹介

あの「どんちゃん」「ぐりちゃん」のお友達が登場。その名も「まつぼっちゃん」。3人一緒にどんなおでかけするのかな?

ベストレビュー

夢に見そう

前回をそのまんま引きずって、またもや遅刻で登場のどんちゃん。ぼうしを獲られるぐりちゃん。
そこへまつぼっちゃん登場です。
お母さんのために、幻といわれるまつぼっくりで帽子を作ってプレゼントするため、そのまつぼっくりを採りに行くのだと言います。
3人は、恐ろしき森を抜け、幻のまつぼっくりを目指します。

と、この目指す過程がメインではないところがこのお話らしい。
この後の展開にご注目。
前回を上回る、ものすごい、有り得ない(あったら恐い)終末へ向かっていきます。

前作で絵がダメかも〜と受け入れられず、娘だけが喜んだお話ですが、パワーアップしている話に思わず笑いが。前より楽しめてしまいました。
この作者、絶対関西人や!と思ったけど……違うんですね(笑)
きれいな秋の森ストーリーに飽きた頃にどうぞ。夢に見そうです(笑)
(てぃんくてぃんくさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こじま しほさんのその他の作品

どんちゃんぐりちゃん / へびかんこうセンター



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

どんちゃんぐりちゃんまつぼっちゃん

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット