おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼくのこともわすれないでよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのこともわすれないでよ

作・絵: シャーロット・ミドルトン
訳: 三辺 律子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ぼくのこともわすれないでよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

犬のダドリーは、毎朝いちばんにおきて、アンナと一緒にごはんを食べ、かくれんぼをして遊んでいました。
ところがある日、カメレオンのペキートが家にやってきて、生活が一変。もう誰も、ダドリーにかまってくれません……。

あたらしい家族ができたときの切ない気持ち、そしてさみしい気持ちをやさしくユーモアたっぷりに描いた絵本。

ベストレビュー

新しい家族が来たとき・・・

新刊絵本コーナーでかわいいなぁと手にとったこの絵本。
3歳の息子もお気に入りになりました。

アンナの飼い犬、ダドリーは毎日楽しく暮らしていました。でも、新しい家族カメレオンのぺキートが来ると様子は様変わり。
アンナを取られてしまって、みんなもぺキートに夢中。
そんなとき・・・

新しい家族が来て不安な気持ちがかわいく描かれています。
そして、自分の役割を見出したとき、自信がつく。。
素敵なことだと思いました。
二人目のお子さんが生まれたときにも、当てはまることかもしれませんね。

(nikoniko**さん 30代・ママ 男の子3歳)

出版社おすすめ


シャーロット・ミドルトンさんのその他の作品

タンポポたいへん!

三辺 律子さんのその他の作品

夢の彼方への旅 / フローラ The One Memory of Flora Banks / 世にもおそろしいフクロウおばさん Awful Auntie / パンツ・プロジェクト / サイモンvs人類平等化計画 / 緑の霧



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

ぼくのこともわすれないでよ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57




全ページためしよみ
年齢別絵本セット