貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
バラライカねずみのトラブロフ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バラライカねずみのトラブロフ

  • 絵本
作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: せた ていじ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,150 +税

「バラライカねずみのトラブロフ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

バラライカを聴いてみたい

バラライカとは、200年ほど前にできたロシアの楽器だそうです。弦が3本ついたギターのような楽器で、この本で見たのが初めてでした。どんな音を奏でるのでしょうか。聴いてみたくなりました。

ヨーロッパのなかほどの、雪深い田舎にある酒場でのお話です。酒場では、ジプシーたちが演奏をしています。にぎやかな雰囲気が絵に醸し出されていて、とてもいい雰囲気です。

ねずみのトラブロフは、演奏される音楽を聴いて育ちます。音楽が大好きになっていく様子がかわいらしくて、応援したくなりました。

トラブロフのバラライカを弾けるようになりたいという熱意と、そして、家族を大事に思う愛情とが痛いほどよく伝わってきます。ねずみという小さな動物を、りっぱな生き物として取りあげたバーニンガムさんのあたたかい心が、うれしかったです。

たくさんの人に読んでもらいたいと思います。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子9歳、男の子5歳)

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

ジョン・バーニンガムさんのその他の作品

いえすみねずみ / 英日CD付 英語絵本 ねえ、どれがいい? Would you rather… / ドライバーマイルズ / シルヴィーどうぶつえんへいく / ピクニック / つなひき

せた ていじさんのその他の作品

三びきのやぎのがらがらどん(大型絵本) / 馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / オニヤンマ空へ / 『おやすみなさいおつきさま』ができるまで / チムとゆうかんなせんちょうさん チムシリーズ 1



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

バラライカねずみのトラブロフ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット