雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
いぬなんてだいきらい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いぬなんてだいきらい

  • 絵本
作: ジョアン・L・ノドセット
絵: クロスビー・ボンサル
訳: いしいしんじ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いぬなんてだいきらい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784062528542

4〜6才向き

出版社からの紹介

たんじょうびのプレゼントは犬だった。
でもぼくは、いぬなんてだいきらい……。あっちへいけと言っても遊んでもらおうとしっぽをふる犬に、少年もすこしずつ素直になってゆきます。

ベストレビュー

大好き

大嫌いと思っていた犬ですが、犬がジミーにじゃれついてジミーの気持

ちなどお構いなしにひっついてきます。

犬は、ジミーがご主人様だと思っていますから、じゃれついてきます。

相手の気持ちなどお構いなしに、相手のこと好きだと強調するのも大切

だなと思いました。

犬が嫌われても諦めないで自分の気持ちに正直に最後まで素直にじゃれ

ついたのでジミーも根負けしました。

本当は、ジミーは犬は大好きだったのかも知れません。

その気持ちに気づいてよかったと思いました。

相手から嫌われようと好きなら諦めないで接したら相手も振り向いてく

れるかも知れないと思いました。人間関係にも当てはまるのかも知れな

いと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


いしいしんじさんのその他の作品

そのように見えた / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(1) 赤ずきん / 絵描きの植田さん / トリツカレ男



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

いぬなんてだいきらい

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット