しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
はこねのやまのとざんでんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はこねのやまのとざんでんしゃ

作・絵: よこみぞ えいいち
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥757 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はこねのやまのとざんでんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年04月
ISBN: 9784834011982

ベストレビュー

電車好きにはたまらない!

電車の絵本を多く手がけている”横溝英一”さんの代表作と言えるでしょう。フリーハンドでペン画タッチに描かれていますが、さすが電車好き!細部まで精密で手抜きがありません。

さてお話は、日本一急な坂を登る「箱根登山鉄道」の状況と、紅葉の風景を、乗客と車掌さんの会話を交えながら描写しているものです。これらの情景が、電車の動きに合わせ多角的に描かれているため、登山電車がどのルートを走っているのかが手に取るようにわかります。この本を読むと、きっと登山電車に乗って箱根に行きたくなると思います。電車好き、旅行好きの方にお勧めの1冊です。

ちなみに電車マニアの息子はハマってしまい、この絵本を持って”箱根の山の登山電車”に乗るのが当面の夢となっています。
我が家では広島から小田原に行き、そこからこの物語に入る前段部を語っています。夢をなかなか叶えてやれない、息子に対する苦肉の策で始めたのですが、意外と好評で、今はそこからお話が始まります。電車の絵本・旅の絵本には、こんな楽しみ方もあります。
(ジョバンニさん 40代・パパ 男の子4歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


よこみぞ えいいちさんのその他の作品

ゆきぐにれっしゃだいさくせん



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

はこねのやまのとざんでんしゃ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63




全ページためしよみ
年齢別絵本セット