大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
紙芝居 ゆきおんな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ゆきおんな

作: 桜井信夫
絵: 箕田源二郎
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1982年10月
ISBN: 9784494077502

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

吹雪の夜、山小屋へのがれた猟師の父子。その晩、父は雪女に殺されてしまいました。
一年後の雪の夜、旅の女が息子を訪れました。

ベストレビュー

筋にぶれがなく、テンポがあって読みやすい

子どもたちに読み聞かせで「雪女」を紹介したくて、いろいろ探して読んでみました。
これは紙芝居のバージョンで、脚本は桜井信夫さん。
監修には松谷みよ子さんが関わっています。

主人公「みのきち」「おとう」の目でみる年齢の設定も違和感がありませんし、場面展開も16場面とテンポよくまとめてあると感じました。
元々は日本の民話なので、地域によって若干物語に違いもありますが、この紙芝居は筋にぶれがなく読みやすいです。
寒い冬の時期に、日本らしいむかしのお話を子どもたちに届けるのに、この「雪女」の物語はお薦めの1つだと思います。

多少色恋の部分も出てきますので、お薦めの対象は高学年以上でいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桜井信夫さんのその他の作品

ポプラポケット文庫 子どもの伝記10 エジソン / せつぶんだまめまきだ / 紙芝居 やまなし / 紙芝居 こいのぼりさんありがとう / 諸葛孔明 / 紙芝居 子そだてゆうれい

箕田源二郎さんのその他の作品

椋鳩十全集(24) 日当山侏儒物語 / 改訂新版津波ものがたり / あべこべものがたり / 椋鳩十全集(12) 日高山伏物語 / ポプラポケット文庫 おかあさんの木 / ももたろう



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

紙芝居 ゆきおんな

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット