ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
ハッピーノート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハッピーノート

  • 児童書
作: 草野たき
絵: ともこエヴァーソン
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784834020311

自分で読むなら・ 小学高学年から

11〜12歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

聡子は六年生。好きな男の子霧島くんと仲良くなるために、塾の夏期講習のあいだ、お互いの苦手科目を克服する「ハッピーノート」をつくって一緒に勉強するのですが……。なかなか自分らしくいられない女の子が、わがままでも人の言いなりでもない自分のペースをつかんでいく、ひと夏の体験。読んだ後ちょっぴり前向きな気持ちになる一冊です。

ベストレビュー

主人公は小学六年生

児童書の講演会で講師の先生が、「ここまで人に合わせなくてはいけないのかと心が痛む」と言われて紹介されていた本です。

読んでみて、本当に切なかったですが、最後にはほっとしました。

波風を立てたくない、いじめられたくない、一人でいたくないなど、人に合わせる理由はさまざまだと思いますが、女の子のグループというのは特有なものだと思います。

主人公の聡子の気持ちが痛いほどわかりましたが、私もここまで人に気を遣い合わせる必要はないと思いました。

主人公は小学六年生ですが、今の子どもたちはこのような状況に置かれているのでしょうか。

子どもがそうであれば、やはり大人にも責任があるように思いました。仮に自分に女の子がいて、このような状況に置きたくはないし、気付いてあげられる親でありたいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

草野たきさんのその他の作品

Q→A / グッドジョブガールズ / まほとおかしな魔法の呪文 / 空中トライアングル / リリース / 反撃



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

ハッピーノート

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット