あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
なまずの駄菓子屋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なまずの駄菓子屋

  • 絵本
作・絵: 池田 あきこ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年03月
ISBN: 9784593592173

B6判/40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

トロル川の川岸にできた、なまずのおばさんの駄菓子屋。そのしみじみとした味につられてダヤンの店通いがはじまりました。初めてきた客の顔ばかりのぞきこむおばさんには、秘密がありました……。

ベストレビュー

予備知識なく読んで号泣

何の予備知識もなく、タイトルに惹かれて読んでしまったら、
想像もしなかった胸が締め付けられるような切ない展開に号泣してしまいました。

きつねの思いやり、なまずのおばさんの辛い心情、受け取り様によってはハッピーエンドと言えるとは思いますが、不思議で切ない余韻の残るラストシーン‥‥私にとっては珠玉の名作と言える一冊です。

どうしてだろう?と、ぐいぐい興味をそそり引き込まれる前半、後半はその疑問の理由を駄菓子屋のなまず自らが語るのですが、その語り口は切ないながらもどこか微笑ましく親しみが持てます。

不思議な名前が付いている駄菓子についての説明や、大雨で店仕舞いをすることになりその片付けを手伝う様子など、オリジナリティ溢れる細かい描写が物語の中でいきいきとしていて、ただの子供向けの絵本に留まらないリアリティのエッセンスになっています。

もちろんシリーズ通して、ピリッとスパイスの効いたミステリアスかつユーモラスなイラストも物語に深みを与えているのは言うまでもありません。

自分の今の立場が母親でなければもしかしたら号泣するというほどではなかったかもしれませんが、あまりに切なくて読んでいると今は本当に号泣してしまうので、まだ2歳の娘には読んでやっていませんが、人の痛みを知るということとそれに対する思いやりを非常に分かりやすく描いていて、子供に読んでやるのも断然自信を持ってお勧めする星五つです。
(Maiyonさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

池田 あきこさんのその他の作品

猫のダヤンダヤンと仲間たちの大人のぬりえBOOK / 猫のダヤンマルチに使えるショルダーバッグBOOK / ダヤン・コミック 猫のダヤン 日本へ行く / ダヤン・コミック(3) ダヤンとわちふぃーるどの仲間たち / ダヤンとうさぎの赤ちゃん / ダヤン・コミック(2) ダヤンの春夏秋冬



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

なまずの駄菓子屋

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット