ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ポポおばさんとことりたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポポおばさんとことりたち

作・絵: おおしま りえ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ポポおばさんとことりたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 初版 2006年11月
ISBN: 9784477018973

4歳から

出版社からの紹介

やまばとのポポおばさんは、大きな木にことりたちと住んでいます。みんな楽しく暮らしていますが、ある日、どこからか泣き声が聞こえてきました。泣いているのは、だれでしょう。それに気づいたとき、ポポおばさんもことりたちも、そして大きな木も、みんなもっと仲良しになりました。
「ことりたちと木の共生」のテーマは、お子様のやさしい心を育てます。画面いっぱいにたくさんのことりたちが登場するので、親子で楽しめます。

ベストレビュー

画風が好きなんですよ

息子と一緒に選んだ絵本です。
「チリとチリリ」を思わせるような画風です。
主人公のポポおばさんが、いつものようにあいさつ回りをしていると、どこからか「くすんくすん」と泣き声が聞こえてきました。いったいだれが・・・?
という始まりです。
息子も幼稚園に行き始めて、人とのかかわり方を学び始めました。そんなときに「みんな仲良く」がテーマの絵本はちょうどいいかなと思います。かわいいことりたちに感情移入している息子を見ると、親バカながらほほえましくも思えたり・・・(笑)
ことりがたくさん木に止まっているのを見ると、この絵本を思い出すようになりました。
「みんなでお話しているよ・・・」ってこんな当たり前な風景でも息子と会話が成り立ちます。
息子はもうひとつこの絵本に楽しみを見つけていました。
それは・・・「ポポおばさんを探せ!?」ページをめくるたびにどこにいるか教えてくれます。
(たぁママさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おおしま りえさんのその他の作品

ごうた、1年生でしょっ / まどのおてがみ / わたしのすきなおとうさん / あみものやさんピーヨのプレゼント



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

ポポおばさんとことりたち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット