もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
かわのたび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かわのたび

作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784265069903

A4変型判 25.0×22.0
32頁

出版社からの紹介

山の中で女の子が落としたアヒルの人形は、川を流れて山里へ、ダムへ、町へ、そして海へ! 風景の変化が楽しい、旅の絵本。

ベストレビュー

楽しい科学絵本

3歳の息子にと、図書館で借りました。
主人公は可愛いおもちゃのアヒルちゃん。
しかし、お話が始まるやいなや、持ち主の手から川にポチャン!…これが見事に息子の心をつかみました!
どんどん流されてしまうアヒルちゃん。
息子は水に浮かぶアヒルちゃんを追いつつ、「ゆかちゃんはどこにいるのかな?」と気が気でなりません。
途中、子ども達に拾われそうになったり、ダムから放り出されたり、滝を流れ落ちたり、ゆかちゃんを見かけたり…小さなアヒルの気持ちになれば、それはもう大冒険なのです(笑)
最後は無事ゆかちゃんの手元に戻り、ハッピーエンド。
息子には楽しい冒険物語とうつっているでしょうね。
けれど、親目線では、川、湖、ダム、海の区別がわかりやすく描かれている科学絵本です。
こういうさり気ない科学絵本がもっと増えてほしいなぁ!
(はりー隊長さん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • いちごちゃん
    いちごちゃんの試し読みができます!
    いちごちゃん
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    大人気絵本『レモンちゃん』に続く第2弾! やくみレンジャーが大活躍の男女ともに楽しめる絵本。

間瀬 なおかたさんのその他の作品

せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ / ぐるぐるまわろう ぐるぐるでんしゃ / にじいろでんしゃ はっしゃしまーす! / にんじゃはなまる / しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ / うみやまてつどう ふしぎなえかきさん



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

かわのたび

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット