だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
恐竜ティラノサウルス大図解
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

恐竜ティラノサウルス大図解

  • 絵本
作・絵: 黒川光広
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「恐竜ティラノサウルス大図解」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年03月
ISBN: 9784338207010

小学校低学年から
28×22cm/35ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ティラノサウルスの戦いかたや成長のようす、全身骨格など、最新の情報をふまえて、ティラノサウルスのすべてを大迫力のイラストで紹介します。

ベストレビュー

ティラノサウルスのことが満載

息子が好きな、黒川さんの絵本です。

これはストーリーのある絵本ではなくて、
ティラノサウルスの魅力がいっぱい詰まった図解です。

ティラノサウルスの幼竜の体の説明から始まり、
大人のティラのサウルスの体の説明、狩りの仕方、戦い方、
卵からの成長の様子や、世界中にいたティラのサウルス類の
紹介もされていて、恐竜好きにはたまらない1冊です。
日本にもティラのサウルス類が生息していた!なんてことも
わかっちゃいます。

余談ですが、ティラノサウルスの絵がたくさん出てくるので、
息子はこの絵本を見ながら恐竜の絵を書く練習をしていました。
おかげで、恐竜の絵を書くコツがつかめたようです。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

黒川光広さんのその他の作品

紙芝居 きょうりゅうぼうやのおともだち / 紙芝居 きょうりゅうぼうやのさかなつり / たたかえ!マンモス・ゴン / 紙芝居 がんばれきょうりゅうぼうや / はしれ!マンモス・ゴン / 恐竜図解新事典



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

恐竜ティラノサウルス大図解

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット