貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
じいちゃんとうま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じいちゃんとうま

作・絵: 横内 襄
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「じいちゃんとうま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年02月

4才〜5才向き
こどものとも年中向き 2006年2月号

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

しんさくじいちゃんの家では馬を飼っています。大きくて力も強いけれど、おとなしい馬です。じいちゃんと馬は一緒に仕事に出かけます。山で椎茸作りの仕事をしていると、村の人から電話がありました。車が田んぼに落ちて困っているから、助けて欲しいと言うのです。じいちゃんと馬は、さっそく駆けつけて……。

ベストレビュー

馬がいる風景

古本市で購入した1冊です。
私自身、馬が好きで(乗馬経験者)
写実的な馬の絵に惹かれたのと、
子どもたちに馬をもっと身近に感じてもらいたいということで、選びました。

しんさくじいちゃんの家は、農作業に馬を使う、
昔ながらの農家です。
今では少なくなりましたが、昔はこうやって人間と一緒に暮らしていたんですね。
村の人を助けたことから、力があるからとすすめられ、
馬の力比べのレースに出場することになりました。
(ばんえい競馬みたいな感じかな?)
結果はなんと優勝!
馬とじいちゃんの信頼関係の賜物ですね。
息子たちにもいつか、本物の馬に触れさせてやりたいです。
(シーアさん 20代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

横内 襄さんのその他の作品

あかてがに / ファーブルこんちゅう記 かりゅうどバチのひみつ / 新版ファーブルこんちゅう記1 タマコロガシものがたり / 紙芝居 かたつむりさんこんにちは / おちちをくっくっ / あめんぼがとんだ



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

じいちゃんとうま

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット