虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おくのほそ道
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おくのほそ道

  • 絵本
文: 松尾 芭蕉
絵: 中谷 靖彦
編: 斎藤 孝
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年08月30日
ISBN: 9784593560578

5歳から
A4変・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

『閑さや岩にしみ入蝉の声』などではじまる芭蕉の有名な俳句は日本人の共有財産。
芭蕉が築いた五七五のリズム、潔い独特の詩情表現を活かした絵本ができました。
声にだして読んで、芭蕉の歩いた日本各地の情景を楽しんでください。

ベストレビュー

娘の反応にびっくり!

俳句…。さすがに興味はしめさないか?と、思っていたら大間違い。
寝んねの前のお話絵本を読んだ後、必ず読まされるほどのハマりよう。

ママ:「夏草や〜。」
娘:「なつくさや〜。」
ママ:「兵どもがぁ。」
娘:「つわものどもがぁ。」
ママ:「夢の跡。」
娘:「ゆめのあとぉ。」

と、ママに続いて大きな声で唱います。
ママ→娘の順に読んだら、今度は交代。娘が読んで、ママが続く。
5・7・5のテンポが面白いのかな?漢字も読める気がしてうれしい様子です。

絵本の表紙をよく見たら、『声にだすことばえほん』の文字を発見して、なるほど!と納得です。

何度か、絵本ナビで紹介してたなぁと思い、ダメもとで手にした絵本ですが、娘の反応を見た後は、さすが絵本ナビ!って思っちゃいました。
(ぽにょさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

松尾 芭蕉さんのその他の作品

芭蕉さん

さんのその他の作品

サーカス / ゆく河の流れは絶えずして

中谷 靖彦さんのその他の作品

だんごたべたい おつきさま / 紙芝居 ばけこちゃんのたなばた / ゆうくんの くまパジャマ / おひさまのほん だって おさるだもん もっと / 日本の都市伝説絵図鑑(3) 乗りものと都市伝説 / 日本の都市伝説絵図鑑(2) まちなかのとしでんせつ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

おくのほそ道

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット