宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ケーレブとケート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ケーレブとケート

作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: あそうくみ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ケーレブとケート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年06月
ISBN: 9784566001053

26X20.8cm/32ページ

出版社からの紹介

妻のケートと大げんかをし、家をとびだしたケーレブ。森のなかでねこんでいるあいだに、魔女がやってきて呪文をかけ、犬の姿にかえてしまった! 家にかえっても、ケートにはケーレブがわからない。悲しみにくれるケートのそばで犬として暮らす日々が続いた。そしてある夜のこと…?

ベストレビュー

夫婦喧嘩をしても・・・

スタイグの作品が好きで、今回は5歳の次男に読みました。

絵本は大抵、子供か子供が感情移入できる動物などが主人公のことが多いですが、こちらの主人公は奥さんと大げんかした旦那さん。

スタイグの作品の中ではもっとよく知られた『ロバのシルベスターとまほうのこいし』と似ていて、魔女のいたずらで犬の姿にされてしまった夫のケーレブの苦しみや、それに対する妻のケートの心配、寂しさが描かれます。

ひょんなことで最後はハッピーエンドになるのですが、普段の生活では気に留めてもいない、家族の大切さに気付かされます。なんでもない毎日こそが幸せなんだな、と。

絵本を卒業した小学生にもオススメです。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子5歳)

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?

ウィリアム・スタイグさんのその他の作品

くぎになったソロモン <新訳> / 馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / きいろとピンク 新装版 / みんなぼうしをかぶってた / ピッツァぼうや



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

ケーレブとケート

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット