しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ケーレブとケート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ケーレブとケート

作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: あそうくみ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ケーレブとケート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年06月
ISBN: 9784566001053

26X20.8cm/32ページ

出版社からの紹介

妻のケートと大げんかをし、家をとびだしたケーレブ。森のなかでねこんでいるあいだに、魔女がやってきて呪文をかけ、犬の姿にかえてしまった! 家にかえっても、ケートにはケーレブがわからない。悲しみにくれるケートのそばで犬として暮らす日々が続いた。そしてある夜のこと…?

ベストレビュー

夫婦喧嘩をしても・・・

スタイグの作品が好きで、今回は5歳の次男に読みました。

絵本は大抵、子供か子供が感情移入できる動物などが主人公のことが多いですが、こちらの主人公は奥さんと大げんかした旦那さん。

スタイグの作品の中ではもっとよく知られた『ロバのシルベスターとまほうのこいし』と似ていて、魔女のいたずらで犬の姿にされてしまった夫のケーレブの苦しみや、それに対する妻のケートの心配、寂しさが描かれます。

ひょんなことで最後はハッピーエンドになるのですが、普段の生活では気に留めてもいない、家族の大切さに気付かされます。なんでもない毎日こそが幸せなんだな、と。

絵本を卒業した小学生にもオススメです。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子5歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ウィリアム・スタイグさんのその他の作品

くぎになったソロモン <新訳> / 馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / きいろとピンク 新装版 / みんなぼうしをかぶってた / ピッツァぼうや



『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

ケーレブとケート

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット