もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
しょくぶつ・すくすくずかん (1) イチゴ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しょくぶつ・すくすくずかん (1) イチゴ

  • 絵本
作: コールドリィ
写真: バーナード
訳: 舟木秋子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しょくぶつ・すくすくずかん (1) イチゴ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年06月
ISBN: 9784566004924

21.5X21.5cm/24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

株から芽が出、根が伸び、花が咲き、実が熟し、株ができる。この一年のサイクルを、カラフルな拡大写真とやさしい文で説明。新鮮な驚きにみちた植物絵本。

ベストレビュー

イチゴの生態

3歳7ヶ月の息子に読んでやりました。イチゴが親子で大好きな息子に、食べるだけでなくイチゴのことを知ってもらいたいと思って読んでみました。今までにいくつか読んでやった中では、なかなかおもしろい構成だと思いますよ。

ただ芽がでて大きくなって、花が咲き、実がなるだけでなく、イチゴの場合は、株の単位で冬を越えることができ、それがずっと続いていくんだなーというほかの植物とはちょっと違う生態であること。ちょっと難しいかな?と思いながらも文章を読んでやり、ひとつずつわかりやすいように説明もしてやりながら、根から水やご飯(養分)を吸って大きくなるんだよ、おしべとめしべがあって花粉がつくとめしべが実になることなど、どの程度理解できたかはわかりませんが、読んでみました。丁寧な写真があるので、それも可能。

時々はこういう科学に触れる本もいいかなーと思いました。プランターにまたイチゴの株でも植えて、水をあげてくれるきっかけになればいいな、と思います。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


コールドリィさんのその他の作品

しょくぶつ・すくすくずかん (6) ヒヤシンス

舟木秋子さんのその他の作品

しょくぶつ・すくすくずかん (8) マロニエ / しょくぶつ・すくすくずかん (7) ジャガイモ / しょくぶつ・すくすくずかん (5) トマト / しょくぶつ・すくすくずかん (4) ソラマメ / しょくぶつ・すくすくずかん (3) リンゴ / しょくぶつ・すくすくずかん (2) タンポポ



永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

しょくぶつ・すくすくずかん (1) イチゴ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット