話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
日本みんわ絵本のシリーズ ちいさなオキクルミ

日本みんわ絵本のシリーズ ちいさなオキクルミ

作: 松谷 みよ子
絵: 西山 三郎
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,595

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1985年10月
ISBN: 9784593562176

サイズ:23.6×24.6/ページ数:32ページ

出版社からの紹介

オキクルミが歩いていると、川ではサケたちがパシャパシャとはねながらのぼっていゆく。草原では鹿たちが風のように走ったり止まったり。そこへ悪魔の子が現れ、毒の矢を川のみなもとめがけて射るのです。…

ベストレビュー

アイヌの民話です

神の子であるちいさなオキクルミがある日遊び行き、悪魔の子と出会う。
悪魔の子は、清らかな自然を壊す毒の矢を次次に放つが、幼いオキクルミはそれを浄化する銀の矢を放つ。最後には、悪魔の子を谷底に落とし石にしてしまう。
善と悪の戦い、それを通して成長するオキクルミ。オキクルミを見守るお姉さんの優しさ。アイヌの清らかで豊かな自然。
この絵本を通していろいろなこと感じ取ることができる。
きり絵のような絵は、力強い感じで、骨太なこのお話にピッタリです。

なかなか手にとることのないお話かもしれないが、アイヌの文化に触れる意味でも一度は読んでおきたいお話です。
(ほかほかぱんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • バトン
    バトン
     出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    人、もの、自然とのつながりを考える多様性にあふれた物語。

松谷 みよ子さんのその他の作品

てんじつきさわるえほん いないいないばあ / いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット / 紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / まえがみたろう〈前編〉

西山 三郎さんのその他の作品

花のき村とぬすびとたち(後編) / 紙芝居 花のき村とぬすびとたち(前編) / やまんじいとたろう / あのやまこえて かわこえて / かっぱとひょうたん / 鯨小学校


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 日本みんわ絵本のシリーズ ちいさなオキクルミ

えがしらみちこさんの絵本「あめふりさんぽ」 雨の日でも気分を上げる1アイテムに

日本みんわ絵本のシリーズ ちいさなオキクルミ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット