雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
きんいろの雨
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きんいろの雨

作: 中川なをみ
絵: 舟橋全二
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784774314181

幼児から一般
たて26.3cm×よこ21.5cm AB判縦 32ページ

出版社からの紹介

すずは、山に住むおじいちゃんのところへ遊びにきました。山は秋まっさかりです。まっ赤にもえるようなモミジ、足元にコロンコロンと転がるドングリ。なんてきれいなのでしょう。
 やがて夜になりました。山の夜はまっ暗です。目をあけても何も見えません。「ピュウーン ビュウーン」大きな音が聞こえます。こわがるすずに、おじいちゃんは「こわくないよ。風がプレゼントの用意をはじめた合図だよ」というばかりです。「シャラッ シャラララッ シャラッ」ふしぎな音も聞こえてきました。いったいなんの音? なにかこわいものが部屋に入ってきて、食べられちゃうかもしれない。どうしよう。どうしよう……。

 秋にぴったりの1冊です。ページをめくりながら、絵本のすずちゃんと同じように、モミジの鮮やかさに驚き、降り積む落ち葉の美しさに目をみはり、大すきな人の手のぬくもりを感じていることに気がつくでしょう。シンプルな切り絵で表現された「秋」の世界がもたらす、豊潤な余韻をお楽しみください。

ベストレビュー

主人公と同じ気持ちに

すずは、ある日山に住むおじいちゃんの家にいきます。山は秋。
おじいちゃんの家は、カラマツの木に囲まれています。
夜すずは、風に音で目が覚めます。風の音や夜の暗さですずは、怖くなります。すると、おじいちゃんは、「風がプレゼントの用意を始めた合図」と教えてくれます。
この、おじいちゃんの言葉が、詩的で素敵だなと思いました。また、かぜのプレゼントってなんだろう?とワクワクします。
次の朝、起きてみると金色の雨が・・・。
きんいろの雨は、カラマツの落ち葉が、朝日に輝いている様子だったのです。
きっと素晴らしい光景だったのだろうなと、想像できます。

都会に住んでいると感じ難い夜の暗さ、風の音、朝日の輝きなどを感じられます。
きり絵のような少し抽象的な絵が、想像力をふくらませてくれます。
(ほかほかぱんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川なをみさんのその他の作品

茶畑のジャヤ / ユキとヨンホ / 有松の庄九郎 / 天游−蘭学の架け橋となった男− / 龍の腹 / あ・い・つ

舟橋全二さんのその他の作品

砂漠の国からフォフォー / こどものとも すなあそびしよう / ごちそうラディッシュ



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

きんいろの雨

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット