くろくまくんおふろでさっぱり くろくまくんおふろでさっぱり くろくまくんおふろでさっぱりの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
お外で遊んで、すっかりどろんこのくろくまくん。そんなときには、みんないっしょに、おふろに入ろう! おふろが楽しくなる絵本♪
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
小学館版 学習まんが人物館<第一期> アンネ・フランク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館版 学習まんが人物館<第一期> アンネ・フランク

  • 絵本

出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 1996年09月13日
ISBN: 9784092700086

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

戦争の中で生きる希望を書き続けたアンネの短い生涯をいきいきと描くまんが人物伝。

ベストレビュー

戦争の愚かさ、恐ろしさ

このシリーズ、小3の息子とかなりハマって読んでいます。

漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
読み進めることが出来ました。

アンネ・フランクという名前、アンネの日記のことは、
知っているつもりでいましたが、今回、あらためて読んでみて、
戦争の愚かさ、恐ろしさを目の当たりにすることが出来ました。

ヒトラーが計画した、ユダヤ人全滅計画、激しい差別の事実を
知るには十分な内容でした。
このシリーズの本には、ユダヤ人という言葉が何度か出てきますが、
ユダヤ人がどのような仕打ちを受けたのかということは、この
「アンネ・フランク」が一番詳しく出ています。
アンネ自身がユダヤ人ですので、当然ですが。

息子は、ヒトラーとユダヤ人のことをこの本で詳しく知ったようです。
本の内容についての質問が息子から何度もあり、家族でユダヤ人のこと、
戦争のことについて語らう機会が何度かあり、息子にとっては
衝撃的な一冊だったのだと感じました。

この本では、アンネの一生についての記述でしたので、機会があれば
アンネの日記も読んでみたいなと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

小学館版 学習まんが人物館<第一期> アンネ・フランク

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット