となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
黒ねこサンゴロウ旅のつづき1 ケンとミリ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黒ねこサンゴロウ旅のつづき1 ケンとミリ

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年03月
ISBN: 9784035282600

小学中級から
22cm×16cm 142ページ
判型:A5判

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ケンのいとこのミリが乗ったボートが沖で漂流した。ぐんぐん流される夜の海で、ケンはサンゴロウと再会する。シリーズ続編!

ベストレビュー

潮風を感じる長いお話つづきの1

きっかけは、いなせなサンゴロウの挿絵でした。
全巻通じて描かれている挿絵のサンゴロウがかっこいいです。
前5作のつづきになるこのお話しは、
再びケンとミリから始まっています。
ケンは、今はホテルになった、5年前のあの場所へ。
サンゴロウと交信をしたケンは、
サンゴロウに渡されたキーを心に刻みました。
信じること、障害に耐え、なんとかやり過ごすこと。
夜が明けたら、またもっと遠くに進み始めること。
動き出す目標もはっきり決まったようです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり / すすめ!うみのきゅうじょたい / まだかなまだかな / ポテトむらのコロッケまつり / こねこのえんそく はるののはら

鈴木 まもるさんのその他の作品

わたり鳥 / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい / たんじょうび おめでとう



オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

黒ねこサンゴロウ旅のつづき1 ケンとミリ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット