にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ワニのライルは会社のにんきもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ワニのライルは会社のにんきもの

  • 絵本
作・絵: バーナード・ウェーバー
訳: 小杉 佐恵子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,456 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 初版 1996年2月
ISBN: 9784477006598

小学校初級以上向

出版社からの紹介

ライルはプリムさんの会社を見にいきます。
どんな仕事もひきうけて、まわりの人は大よろこび。会社の中の託児所の子どもたちは
ライルが大好きになりました。でも、上司のビッグさんはかんかん。

ベストレビュー

ライルが会社に行くと…

 ワニのライルシリーズの第7作。誰からも愛されるライルはどこに行っても人気者。そんなライルはある日、プリムさんの仕事場(広告代理店)へ連れて行ってもらうことになりました。プリムさんの上司はたちまちライルが気に入ります。ぜひコーンフレークの宣伝にライルに起用したいと言い出して、プリムさんの考えと衝突します。意見の食い違ったプリムさんは仕事を失ってしまい…。
 朝の出勤から会社の様子まで、米国の会社員の典型的な職場環境が見渡せます。お話はいつもながらホームドラマのようにいろいろな出来事が起きて焦点がつかみにくいのですが、米国の日常生活が紹介されるという意味では興味深い発見があるかもしれません。就学前後児童向き。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーナード・ウェーバーさんのその他の作品

アイラのおとまり / かねもちのいえのねこといえのないねこ / 勇気 / アリクイのアーサー / ワニのライルのクリスマス / ネズミなんていないでしょ?

小杉 佐恵子さんのその他の作品

ワニのライルとどろぼうじけん / うっかりまじょとちちんぷい / モミの木 / おてつだいはもういやだ / ワニのライルがやってきた / こんにちは、バネッサ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ワニのライルは会社のにんきもの

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット