ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
天馬ジョノン・ハル モンゴル馬頭琴ものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天馬ジョノン・ハル モンゴル馬頭琴ものがたり

作: なすだ みのる ビャンバサイハン・ツェレンドルジ
絵: オユンツェツェゲ・プレブダガバ
出版社: ひくまの出版

本体価格: ¥1,600 +税

「天馬ジョノン・ハル モンゴル馬頭琴ものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784893173836

A4判 36ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

昔、モンゴルに一人の若者がいた。北の国に兵隊になって出かけ、そこの娘に恋をする。別れるとき、翼の生えた馬、ジョノン・ハルをもらった。この馬に乗ればどんな遠くに離れていても一晩のうちに娘に会いに帰ってくることができた。
むかし、モンゴルに馬頭琴という楽器がうまれるまでの話。

ベストレビュー

モンゴルのお話

娘は今、国語で「スーホの白い馬」を学習中です。
そこでモンゴルの本を探してきて、読んでみることにしました。

スーホは、馬頭琴の由来のお話ですが
こちらも同じく馬頭琴の由来のお話です。
絵がかわいらしいのですが
内容はなかなかヘビーで
娘は、天馬の翼がもがれるシーンは、思わず口を覆っていました。

内容はわかりやすく、もうひとつの馬頭琴物語と言えると思います。
(やこちんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なすだ みのるさんのその他の作品

忍者サノスケじいさんわくわく旅日記(第8期:全6冊) / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(富士山の旅) (48)みんなあつまれ! の巻 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(47) うつくしい島の巻 沖縄の旅 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(46) ツルよ はばたけ!の巻 北海道の旅 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(45) でた!おばけワニの巻 茨城の旅 / 忍者サノスケじいさん わくわく旅日記(44) パンダが きえた! の巻 東京の旅



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

天馬ジョノン・ハル モンゴル馬頭琴ものがたり

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット