貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
紙芝居 おいしいとびらをとんとんとん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 おいしいとびらをとんとんとん

作・絵: 土田 義晴
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784494078806

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

丸いとびらをとんとんとん。すると、りんごにみかん、おせんべい……
丸くておいしいものが出てきたよ。四角いとびらからは…?

ベストレビュー

とびらをひらくと…

2歳と4歳の子に読みました。
まるのとびら、しかくのとびら、さんかくのとびら…各々に合った形のおいしい食べ物がとびらを開けると飛び出てきます!
途中、食べ物が出なかったりする意外性もあり、よかったです。
幼い子に向いた紙芝居だと思います。
いったい何が好きかな?
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

土田 義晴さんのその他の作品

紙芝居 きょうのくだものなんだろな? / くろくまレストランのひみつ / 紙芝居 よもぎだんごぺったん / バレリーナマノン / マユとまほうのてがみ / 紙芝居 たけのこほりほり



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

紙芝居 おいしいとびらをとんとんとん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット