あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
Play with Me(わたしとあそんで)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Play with Me(わたしとあそんで)

洋書に関する情報

書籍扱いの絵本です(上製本)。 縦 22.8 x 横 18 x 厚さ 1(cm)  言語:英語

おはなし

はらっぱへ遊びに行った少女のおはなし。
「ばったさん、あそびましょ」と、草の葉にとまっていたバッタを捕まえようとしますが、逃げてしまいます。
「かえるさん、あそびましょ」と、池のちかくにいたカエルを捕まえようとしますが、逃げてしまいます。
カメも、リスも、かけすも、ウサギも、ヘビも、みんな捕まえようとすると逃げてしまいます。
誰も遊んでくれないので、池のそばの石に腰掛けてじっとしていました。

すると、バッタが戻ってきて、草の葉にとまります。
カエルも戻ってきて、草むらにしゃがみます。カメも、リスも・・・みんなもどってきました。
誰も、もう怖がって逃げたりはしません。
シカの赤ちゃんがやってきて、少女のほっぺたをなめます。
「ああ わたしは いま、とっても うれしいの。とびきり うれしいの。」
「なぜって、みんなが みんなが わたしとあそんでくれるんですもの。」
(翻訳作品より転載)

みどころ

ぽかぽかと暖かい日差しの中で、女の子と動物たちとのやりとりを描いています。
描写が細やかで、女の子の心情の変化が読み手にも伝わってきます。
クリーム色を基調とした色使いと柔らかなタッチの挿絵で、とても穏やかな気持ちになります。
うしろでずっと笑顔の太陽が見守っているのも、大事なポイントかもしれません。

この作品は子供だけでなく、大人にもおすすめします。
日常に疲れたとき、ゆっくりとこの絵本を開いてみてください。
(翻訳作品より転載)

ベストレビュー

小さなお子さんから

ほんわか愛らしい絵で内容もいろいろな動物が出てくるところが魅力的です。また、この絵本の絵は白黄色黒の3色からなっていてそこもまたやわらかく素敵です。

主人公の女の子がいるのですが、この子がまた娘に似ているので実父が買って来ました。 今娘は4歳なのですが、自分で読んでいます。ページページの文も言葉文なども簡単で覚えやすいようになっています。
(明星さん 20代・ママ 女の子4歳)

出版社おすすめ


マリー・ホール・エッツさんのその他の作品

ねずみにぴったりの のりもの / ロベルトのてがみ / ペニーさんのサーカス / いどにおちたぞうさん 改訂版 / ねずみのウーくん いぬとねことねずみとくつやさんのおはなし / おやすみ、かけす



お気に入りのくだものはどれ?

Play with Me(わたしとあそんで)

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット