ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
のんちゃんはおとうばんです
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のんちゃんはおとうばんです

  • 絵本
作: 今関 信子
絵: 垂石 眞子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「のんちゃんはおとうばんです」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年12月
ISBN: 9784494010523

対象年齢 3歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

きょう、のんちゃんはおとうばんの日です。あいては、よだれをたらすにが手なとおるくんです。

ベストレビュー

障害も個性のひとつだよ!

のんちゃんという、はなまるえんのくまぐみ(年長さん)の女の子が主人公のシリーズ本で、絵に惹かれて長女が借りてきました。
のんちゃんははりきって園に来ました。今日はお当番だからです。相手の子は誰かな?とおるくんです。とおるくんは、「ウオーッ」とほえて、よだれをたらすからやだなと、のんちゃんはお当番のカードを1枚めくってしまいます。
それでも、風のいたずらかなと、結局とおるくんとお当番をすることになったのんちゃん。
ふたりが先頭になって、「どっちこっちさんぽ」に出かけます。
とおるくんのおかげで、ちょっとしたハプニングがあり、楽しいお散歩になりました。
とおるくんとのお当番を通して、のんちゃんの「やだな」の意識も明らかに変わります。

障害という言葉を全く使わないで、その子の個性として、暖かい目でかかれていて、好感が持てます。
構えず、自然体で、仲良くなっていく子どもたちの姿がいきいきとかかれています。

垂石眞子さんの絵も、白黒が多いのですが、効果的にカラーページもあり、素敵です。

昔、サンリオのキャラクターで「みんなのター坊」っていましたよね?(これも、差別だとかでなくなってしまいました!私はけっこう好きだったけど・・・)どことなく似ているとおるくんですが、とおるくんのお母さんだったら、この描写をどう感じるのかしら?
みなさんも、ぜひ読んでみて、感想聞かせてくださいね。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今関 信子さんのその他の作品

弥生人の心にタッチ!開いたタイムカプセル「下之郷遺跡」 / 津波をこえたひまわりさん / 永遠に捨てない服が着たい / 琵琶湖のカルテ / 命をつなぐ250キロメートル ―抱きしめてBIWAKO / こちら「110番動物園」

垂石 眞子さんのその他の作品

ぞくぞく村のにじ色ドラゴン / ポプラ世界名作童話(1) 赤毛のアン / ぞくぞく村のランプの精ジンジン / 紙芝居 いちについてよーいどん / わたしのかさはそらのいろ / 那須正幹童話集1 ともだちみっけ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

のんちゃんはおとうばんです

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット