ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
たびだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たびだち

作・絵: 吉田 遠志
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たびだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784897848853

絵本アフリカのどうぶつたちシリーズ 第1集 ライオンのかぞく 全7巻

出版社からの紹介

おとうとライオンは水飲み場で若いメスライオンに出会いました。メスライオンを忘れられないおとうとライオンは、メスライオンの匂いにひかれるように、知らない土地へと足を踏み入れてしまいます。

ベストレビュー

若いライオンの独り立ち

 吉田遠志・動物絵本シリーズ<10>
 いつかはこうして親兄弟から離れて独り立ちする日がくるのですね。それは異性に恋をした時に。
 ライオンのテリトリー争いは殺し合いになることもあると聞いた事があります。「おとうとライオン」は他のテリトリーを侵し、しかし勝ち目がないと逃げ出しました。このときちゃんと自分の家とは別の方に走っているのですね。
 メスライオンは多分全てを悟った事でしょう。幸せになることを祈らずにはいられません。
(まあちゃん235さん 30代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

吉田 遠志さんのその他の作品

いなびかり / かんちがい / あたらしいいのち / まがったかわ / まいご / かれえだ



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

たびだち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット