しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
名作をおうちに飾ろう♪ プチプライスの『 ガーゼハンカチ&フレームセット』が新登場!
カマキリのかんちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カマキリのかんちゃん

作・絵: 石橋真樹子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カマキリのかんちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年11月

5才〜6才向き
ページ数: 32 サイズ: 26X19cm こどものとも 2010年11月号

出版社からの紹介

冬が近づいたある日、ななみは家のカーテンにカマキリを見つけ、かんちゃんと名前をつけました。かんちゃんは飛んできたハナアブをじょうずに捕まえ、むしゃむしゃ食べてしまいました。こうしてななみは、かんちゃんを肩にとまらせて滑り台をすべったり、いっしょに楽しく遊ぶようになりましたが、冷たい風が吹いた翌朝、かんちゃんは床の上で動かなくなっていたのです……。

ベストレビュー

ちょっとさみしいけど

カマキリとのふれあいの絵本です。
肩に乗せて仲良くする女の子。
滑り台一緒に滑ったり、あそんだり愛着がわいてきます。
でも、かまきりは寒くなって死んでしまいました。
寂しいけどこれが本当の世界で、変にハッピーエンドでなくて良かったと思いました。
でも木の傍でみつけた、カマキリの卵。
春になったらたくさん赤ちゃんがうまれるかなと次へのわくわくものこしてあります。
こうやって家族と一緒に虫とふれあえるといいなとおもいました。
(もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ 男の子3歳、男の子0歳)

出版社おすすめ


石橋真樹子さんのその他の作品

でんしゃが きた! / フェリーターミナルの いちにち / はいしゃへいくひ / フェリーターミナルの いちにち / しはつでんしゃ / うみべのごちそう



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

カマキリのかんちゃん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット