もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
かいとうドチドチ (1) 美術館へいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かいとうドチドチ (1) 美術館へいく

  • 絵本
著者: 柏葉 幸子
画家: 神山ますみ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かいとうドチドチ (1) 美術館へいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年05月20日
ISBN: 9784062075862

B20取 40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

さあ、たいへん!びじゅつかんからぬすまれたものは……!?

ドチドチは、むかし、かいとうドチドチとよばれたどろぼうでした。とてもかわったどろぼうです。ドチドチは、とりかえっこどろぼうだったのです。──(本文より)

ベストレビュー

まだまだ現役!

主人公は、元泥棒だったおじいさんドチドチとその奥さんサッサ。
その昔は「かいとうドチドチ」と名乗ってとりかえっこ泥棒として活躍していたそう。
何かをいただくかわりに、その人がすごく欲しかった物を置いてくるなんてしゃれてますよね。
しかも、「かいとうドチドチさんじょう」って編みこまれた、サッサ
お手製の靴下に入れておくなんて。
そんなドチドチも年をとって、今では泥棒を引退した身。
平和に暮らしていたある日、美術館の絵「五人の天使」から天使が一人
消えてしまいます。
町の人達は「かいとうドチドチの仕業に違いない」と疑いますが…?

太っちょのおじいさんドチドチと、細っこいおばあさんサッサの息の
あったコンビネーションが、見ていて爽快でした。
サイドカーに乗ってお出かけしたり、ふとした瞬間にも手をつないで
いたりと夫婦円満さも伝わってきます。
なんてったって、かいとうドチドチの陰にはサッサの支えあり、なんだろうなぁ。
ラストはもちろんハッピーエンド。
誰一人悲しい思いをさせずに問題を解決してしまうなんて、「かいとうドチドチ」もまだまだ現役ですね♪
(ひだまり☆ははさん 30代・ママ 男の子12歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柏葉 幸子さんのその他の作品

涙倉の夢 / モンスター・ホテルでパトロール / おばけ遊園地は大さわぎ / ドールハウスはおばけがいっぱい / モンスター・ホテルでそっくりさん / 王様に恋した魔女

神山ますみさんのその他の作品

カステラやさんときんいろのおさかな / ちいさなやたいのカステラやさん / カステラやさんのバースデーケーキ / おつきさまとあそんだよる / こうえんどおりのようふくやさん / まほうつかいは おひるねちゅう



楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

かいとうドチドチ (1) 美術館へいく

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット