しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
私たちはいま、イラクにいます
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

私たちはいま、イラクにいます

作: シャーロット・アルデブロン
訳: 森住卓
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「私たちはいま、イラクにいます」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「爆撃で殺されるのは、私のような子どもなのです」
13歳の少女が勇気と誇りをもって読み上げた非戦メッセージ

ベストレビュー

何かがイラクで起きている。と知って欲しい。

作者のシャーロットがこのスピーチを発表したのは、2003年2月。彼女は1990年生まれらしいので、当時13才の女の子です。
一時、日本のテレビでも紹介されていたので、ご存知の方もいるかと思いますが、弁護士である母親の仕事の都合で、各国を回っていた彼女が、教会で行われた平和集会で発表した論文を、編集したのが、この写真絵本です。
まだ世界のことについてよく分からない子供たちも、この本を手にしてくれたら、「いま、イラクで何かが起きている」ということだけは、分かってくれる気がします。
彼女のスピーチの後半は、もし、自分達がイラクに住んでいる子供だったらとして、語っています。
「私たちは、明日も生きていられるかどうか
 分からないことが、怖いのです。
 殺されたり、将来をうばわれたりすことが、
 悔しいのです。……。
 そして、私たちは途方にくれています。
 私たち、何か悪いことをしたでしょうか?」
このスピーチがマスコミで取りざたされたにもかかわらず、イラクへの武力制裁が国連決議を無視して行われ、更に多くの犠牲者をいまも出し続けています。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 100円たんけん
    100円たんけんの試し読みができます!
    100円たんけん
     出版社:くもん出版
    お母さんにお菓子をねだったら「100円までよ」だって! 100円で何が買える? はじめてのお金えほん

森住 卓さんのその他の作品

シリーズ 核汚染の地球(3) 六本足の子牛 / シリーズ 核汚染の地球(2)ムスタファの村 / シリーズ 核汚染の地球(1) 楽園に降った死の灰



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

私たちはいま、イラクにいます

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット