ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
たそかれ 不知の物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たそかれ 不知の物語

作: 朽木祥
絵: 山内 ふじ江
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784834022513

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 264 サイズ: 21X16cm

出版社からの紹介

中学校の古いプールに棲みついてしまった高貴な血筋の河童、不知を河童界に連れもどすため、八寸は人間界に遣わされる。再会した麻の協力で、八寸は不知を説得するが…。

たそかれ 不知の物語

ベストレビュー

こういう河童の話は初めて読みました。

我が家の子どもたちにどうかな?と、図書館で探してきました。
出版社からのお薦めの学年は、小学校中学年からになっていましたが、
お話の内容が(第二次世界大戦の)戦時中や、戦後の昭和時代まで戻るシーンが結構あるので、
小学校中学年では、少々イメージがしにくいかな?と、感じました。
言葉や本の作りは小学生向けですが、むしろ中学生や高校生の方が、理解して物語を受け止められるかもしれません。

さて、かっぱの物語って、結構いろいろな作家が絵本や童話や、妖怪ものとして描かれていますが、ファンタジー色が強いのに、とてもリアルな部分を上手く取り入れて、読み手をぐっと引きつけてくれる。こういうタイプの「かっぱ物語」は、初めて読んだ気がします。

ストーリーの本筋からは外れますが、主人公の学校の校長先生の言葉が熱いです。

初めは、「八寸」というかっぱの話から始まりますが、副題もついている通り、どちらかというと、この話は八寸のあこがれのかっぱ「不知」の話です。
不知と、友達になった人間の友情物語です。とてもいい話でした。
河童に興味のある人も、ファンタジーが好きな人も、戦時中の話に興味のある人も、ぜひ手に取って読んでほしいです。

(私が先に読んだので、まだ読んでいませんが)
うちの子たちにも、こんな時代もあったんだ。こんな友情もあるんだ。ということを、感じてくれたら嬉しいなぁと、思います。
続きが出たら、ぜひ読みたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

朽木 祥さんのその他の作品

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん / あひるの手紙 / 花びら姫とねこ魔女 / 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島 / 八月の光 / オン・ザ・ライン

山内 ふじ江さんのその他の作品

鳥よめ / 答えは子どもの中、お母さんの中に / こひつじまある / ねてるの だあれ / クリスマスのちいさなおくりもの / それはもりのこもりうた



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

たそかれ 不知の物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット