しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
アラスカの詩 夢を追う人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アラスカの詩 夢を追う人

文・写真: 星野 道夫
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年01月28日
ISBN: 9784406054218

小学校高学年〜高校生
128P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

北海道の自然に憧れていた少年が、北極圏の小さなエスキモーの村に手紙を出す。返事がくる。その村でひと夏を過ごす。ここから星野道夫のアラスカの旅がはじまった。長い長い旅を続けながら、星野道夫が見つめ、追い求めたものはなんだったのだろう。アラスカを夢見たひとりの少年の軌跡を、心底からつむぎだした言葉でつづる。ルビ付・大きい活字。

ベストレビュー

「最後に意味を持つのは・・・」

『結果が、最初の思惑通りにならなくても、
そこで過ごした時間は確実に存在する。
そして最後に意味をもつのは、
結果ではなく、
過ごしてしまった、かけがえのないその時間である。』

星野道夫が遺した数々の珠玉の言葉の中で、私が特に好きな言葉です。
(この本の“ワスレナグサ”という章にも載っています。)

この「夢を追う人」は
星野道夫のアラスカの詩・3部作の1冊です。
他に「めぐる季節の物語」「極北に生きる人々」があります。
生前に書かれたエッセイと写真の中から、テーマ別に選んで再構成したもので、
子ども達にも広く読んでもらえるようにとの配慮から、ルビ付き&文字も少し大きめで小学校高学年くらいから読めます。
3部作に特に順番があるわけではないので
どの1冊から読んでも良いと思いますが
私なら子どもに勧めるならまずはこの「夢を追う人」を選びます。
“アラスカとの出合い” “十六歳のとき”などの章は
特に若い心に響くのでは、と思います。
また、写真絵本「森へ」を読んだことがある方は
「夢を追う人」最後の章“トーテムポールを探して”を読むと
より一層、星野道夫ワールドを味わうことができますよ。

星野道夫の写真もたくさん掲載されています。どの写真もそれはそれは素晴らしいので、
子どもの読書用に買い与えた場合など、
『最初は写真だけ眺めるつもりで開いてみたら』と勧めても良いと思います。
写真を眺めているうちに、
きっと広大なアラスカの大自然に
心を飛ばすことが出来ることでしょう。

星の数は5つまでしかありませんが、
もっとたくさん星を付けたいくらい、このシリーズはお薦めです。
(R☆さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


星野 道夫さんのその他の作品

アラスカの詩 極北に生きる人びと / アラスカの詩 めぐる季節の物語 / 最後の楽園 / オーロラの彼方へ / ラブ・ストーリー / クマよ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

アラスカの詩 夢を追う人

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット