しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
ヤマネはねぼすけ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヤマネはねぼすけ?

作: 湊秋作
写真: 中川 雄三
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ヤマネはねぼすけ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784834016727

自分で読むなら 小学中学年から

出版社からの紹介

ヤマネは『ふしぎの国のアリス』にも、いねむりばかりしている「ねむりネズミ」として登場しますが、ほんとうにねぼすけなのでしょうか。和歌山県の小学生達の観察記です。

ベストレビュー

驚くことがいっぱいの観察発表。

この絵本は、永年観察&研究してきた作者の(小学生向けの)研究発表みたいなものでした。
作者は、ヤマネの魅力にハマり、小学校の教師をしていたころから、子供達と何年間もヤマネを研究し、現在は清里で「キープやまねミュージアム」の館長をているヤマネ博士とでもいえる人です。
発端は些細な疑問でした。どうして、いろいろな国でヤマネは「寝ぼ助」と言う意味の名前をつけられているのだろう。そこから始まった観察。
紹介されていた事柄で、驚いたことは、リスなどと違って、ヤマネは冬眠を始めると、春になるまで全く起きず、春まで眠り続けるということ。
普段は天敵のフクロウにも聞こえないような超音波で、仲間同士会話をしていること。(しかも、オスが交尾したい時にメスに近づく時、発する超音波の声は、赤ん坊が母親を求める時の声と同じなんだそうです。)
大人でも体長は約12センチ、体重わずか20グラム(鶏卵の半分くらいの重さ)なのに、活動範囲は甲子園球場の半分くらいだとか…。
上の子は動物がとても好きなので、とても面白かったそうです。我が家には、ジャンガリアンハムスターがいますが、ヤマネと、似ているところもあり、感心しながら読みました。
こういう観察をする機会があったら、ぜひやらせてあげてみたいなと思いました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


湊秋作さんのその他の作品

ヤマネのすむ森 湊先生のヤマネと自然研究記 / 森のスケーター ヤマネ

中川 雄三さんのその他の作品

ハス池に生きるカワセミ / 水中さつえい大作戦 / まちのコウモリ / ぽっかりこ ふんわりこ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ヤマネはねぼすけ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット