すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
みみずくばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みみずくばあちゃん

作: 長崎 源之助
絵: 村上 勉
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥951 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みみずくばあちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

今も現役都営荒川線

東京にまだ路面電車が残っている不思議と、早稲田から三ノ輪橋という路線に残る情緒を味わえるお話です。
少しローカルかもしれませんが、お近くにお住まいの方ならば、物語に出てくる地名や風景をしみじみと思い起こされるのではないかと思います。
路面電車に乗るのが好きで、早稲田まで学習塾に通っているヒロシ。
車中で知り合った「みみずくばあちゃん」と、塾でしりあったあこがれの小川さんの三人の物語です。

自分が王子に暮らしていたことがあり、飛鳥山や王子稲荷の初午はとても懐かしい情景。
自分の少年時代を懐かしんで、息子と都営荒川線に乗ったのもずいぶん昔になりましたが、いろいろな思いを感じながら、個人的に楽しみました。

交通手段の発達や、地下鉄で外の景色を楽しむこともなくなった大都会ですが、このような風情と人情味がまだ残っている場所もあるのです。
お話は20年ほど昔のことですが、機会があったら都営荒川線に乗ってみて下さい。
まだまだ東京にも路面電車の人情味は失われていないことを感じます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

出版社おすすめ


長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

村上 勉さんのその他の作品

絵本・世界の名作 ドン・キホーテ / 角川文庫 クマのプ― / コロボックル ぬりえ / コロボックルに出会うまで / コロボックルの小さな画集 / 旅猫リポート



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みみずくばあちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット