あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ペネロペ まきばへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペネロペ まきばへいく

  • 絵本
作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ペネロペ まきばへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年09月30日
ISBN: 9784265058815

3才向け
A4変型判 22.0×22.0cm
10頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

農園で、ペネロペは大声で歌を歌ったので、動物たちはにげてしまいました。逃げた動物のあかちゃんが絵本の中にかくれています。ペネロペと一緒にさがし出してください!

ベストレビュー

シリーズ中、最も単純明快な仕掛け

ペネロペ仕掛け絵本シリーズの中で、
最も仕掛けの動きが単純で、意外性の少ない内容だと思います。
ですが、単純だからこそ、利点があります。
それは、仕掛けが凝りすぎていない分、力加減が上手くできないお子様でも、
1人で上手に動かして遊べるという点です。
3才の我が家の娘が、1人で上手に全ての仕掛けを動かせるのはこの本だけです。
他はちょっと手助けが必要です。
特に「ようちえんへいく」は個人的に、仕掛けを動かすのが一番難しいと思います。

最初のページで、ペネロペが口を開けて歌をうたっている仕掛けがあるんですが、これが結構面白いです。
TVでも他の絵本の中でも、ペネロペが口を開けてるのは見かけたことがないので、すごく新鮮でした。
内容も、動物たちを探していくので、かくれんぼをしているみたいで楽しいですよ。
(よへほさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アン・グットマンさんのその他の作品

ペネロペ おおきくなったら なにになる? / ペネロペのしんがっき / お世話遊びとボタンの練習 ペネロペのおうち ペネロペマスコット付き  / ペネロペとおむつのふたごちゃん / リサとガスパール とうきょうへいく / ペネロペといつもなかよし ベビーギフトセット

ゲオルグ・ハレンスレーベンさんのその他の作品

スマイル ペネロペのおみまい / おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする / ペネロペのたのしいハロウィン / ぬのえほんベビー ペネロペとあそぼう / ペネロペとハローキティ りんごケーキをつくる / ガスパールこいをする

ひがし かずこさんのその他の作品

うんちで1・2・3 / ぺちゃんこ ねこ / どうぶつ あいうえお えほん / かみなりなんてこわくない / ペネロペびょういんへいく / ベルとブゥ おいしい いちにち


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ペネロペ まきばへいく

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

ペネロペ まきばへいく

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット