へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
電信柱と妙な男
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

電信柱と妙な男

作: 小川 未明
絵: 石井 聖岳
出版社: 架空社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「電信柱と妙な男」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784877521349

ベストレビュー

夜が明け衆目にさらされるページに大笑い

 図書館でタイトルに惹かれ手に取りました。
 作者は「日本のアンデルセン」ともよばれる小川未明。
 そして、表紙絵で絵が石井先生だと気づきました。
 凄いユニークな組み合わせだと思い読みました。
 
 小川先生の創作活動は、1900年代前半。
 この妙な男は、当時としてはまさしく妙であったかも。
 人間関係をうまく築けず“ひきこもり”が社会問題になっている今の世には、こんな男が夜中人目を避けて、闊歩しているかもと思いました。
 思うに、発表当時の読者は電信柱のキャラクターの方に目が向いていたのでは、とも思います。
 子どもたちにとって、真夜中は夢の世界と同じくらい未知なもの。
 こんなこともあるやもと、おもいえがき読んだのではないでしょうか。
 
 人間嫌いの妙な男と掟破りの歩く電信柱が、夜が明け衆目にさらされるページには笑います。
 子どもたちへ、“夜は出歩くものじゃない、いい子で寝んね”と言うメッセージを送っているという見方は、穿ち過ぎでしょうか。

 息子は、この妙な男の行く末を案じていました。
 
 石井先生のセンスの良い絵で、楽しい作品に仕上がっていると思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

小川 未明さんのその他の作品

紙芝居 つきよとめがね / 月夜とめがね / とっておきの笑いあります! もう一丁!! / 1年生からよめる日本の名作絵どうわ (1) 赤いろうそくと人魚 / 赤いろうそくと人魚 / ものぐさじじいの来世

石井 聖岳さんのその他の作品

たんじょう会はきょうりゅうをよんで  / こんやはてまきずし / おともだちできた? / だんご屋政談 / ことばあそびレストラン / みんなのおばけ小学校



>絵本エイド ―こころにひかりを―

電信柱と妙な男

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット