庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
シエラレオネ 5歳まで生きられない子どもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シエラレオネ 5歳まで生きられない子どもたち

写真・著: 山本 敏晴
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

「シエラレオネ 5歳まで生きられない子どもたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

西アフリカ・シエラレオネ共和国。北海道ほどの面積に人口約450万人のこの国は、世界の医療統計において最低ランクに位置づけされています。平均寿命25〜35歳、乳児死亡率、五歳未満の乳幼児死亡率、妊産婦死亡率…。これらの医療統計すべてにおいて世界最悪の数字を記録しているのです。
2年前、そのシエラレオネに国境なき医師団の一員として派遣された著者は、現地での活動を一冊の本「世界で一番いのちの短い国−シエラレオネの国境なき医師団−」(白水社)にまとめあげました。この本は大反響を呼びましたが、同時に読者から「子どもたちにも読める本を」との要望が多く寄せられました。その声に応える形で実現したのが本書「シエラレオネ 5歳まで生きられない子どもたち」です。そのため、本書は著者自らが撮った写真を中心とし、小学生でも読めるように簡潔な文章を用いて総ルビにしました。

ベストレビュー

あとがきまで読んで欲しい

絵本というか写真集ですが、子供にぜひ読んでほしい本です。
子供の笑顔が素敵です。

「この国の寿命は25〜35歳で日本人の3分の1」
そんな現状を救うため国境なき医師団が病院を作ります。
病院を作るだけではなく、教育も行います。
「彼らだけでもやっていけるように」
簡単な事ではないでしょう。。。
とても重い内容ですが、簡単な短い文章で書かれているので読みやすいです。
ルビもついているので、小学生でも読むことができます。
親が子供と一緒に読んだり、先生と生徒が一緒に読んで、色々話しあってみるのもいいと思います。

「笑顔が続いていけるように」

楽しむ絵本ではないですが、多くのことを知ることができます。
そして色々なことを考えさせられる本です。
(さふぁいあ。さん 30代・ママ 女の子3歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 敏晴さんのその他の作品

HIV/エイズとともに生きる子どもたちケニア / ルーマニア どこからきてどこへいくの



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

シエラレオネ 5歳まで生きられない子どもたち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット