しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
キムのふしぎなかさのたび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キムのふしぎなかさのたび

作: ホーカン・イェンソン
絵: カーリン・スレーン
訳: オスターグレン 晴子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年5月31日
ISBN: 9784198634124

5歳から
23cm/26ページ

出版社からの紹介

ざあざあ降りの雨の日、小さな女の子キムは、大きくてきれいなかさをさして、買い物しているママを待っています。「そうだ、かさをふねにしちゃおう!」キムがかさをひっくりかえして飛び乗ると、かさのふねは流れに乗って…さあ、ふしぎな旅のはじまりです! 
ドキドキする空想の旅を、スウェーデンの新鋭イラストレーターが描きます。
雨の日にわくわくする子どもの気持ちをあざやかにとらえた絵本。

ベストレビュー

「ドブネズミ」の登場にドキリ。

スウェーデンの絵本です。
これまで見てきたスウェーデンを代表する絵本作家さんたちとは、またちょっと違った雰囲気を持つ作家さんでした。

主人公のキムが黄色いかさに乗って冒険に出る最初のシーンでは、
雨どいの排水口からが思いっきり水が流れ出てきています。
この水の勢いの描き方、素敵です。
この水があってこそ、キムの冒険が始まる感じがものすごく伝わってきました。
冒険の途中に登場するジャングルやら動いている人々やらは、実際の町ではどんな建物や人だったのでしょうか?
わたしはキムとは逆に、リアルに存在していたものは何かなぁと想像しながら読みました。

面白いところはほかにもあって、日本の作家さんならまずあまり登場しないドブネズミが出てきます。
このドブネズミがまた、どう猛そうで、メッチャ怖いです。
ヨーロッパの有名なお話、「なまりの兵隊」のおはなしにも、ドブネズミが登城しますよね。割と頻繁に町で見かける生きものなのかもしれません。
日本の町中で見るとしたら、ネズミよりもゴキブリのほうが出会う確率が高そうです(^-^;

ストーリーの展開はとても単純です。
だからこそ見たままを素直に楽しめる作品ではないかと思いました。
4,5歳くらいから、雨の多い日の読み聞かせにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


オスターグレン 晴子さんのその他の作品

とりが ないてるよ / サリー・ジョーンズの伝説 あるゴリラの数奇な運命 / ママはびようしさん / ポンテのはる / のら犬ホットドッグ大かつやく / くんくん ふんふん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

キムのふしぎなかさのたび

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット