もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ながれ星のよる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ながれ星のよる

作・絵: たむら しげる
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ながれ星のよる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年04月
ISBN: 9784835441733

出版社からの紹介

たむらしげる先生の素敵なファンタジー絵本 あの“ランスロット”の原点がここに!!
「えー、ほんじつ ごご8時ちょうど すりばち島に ながれ星がふります」。ある夜、テレビの声にさそわれてロボットのランスロットはリンゴの木と一緒にすりばち島へ出かけました。とちゅうで“あるくビルディング”に出合ったり、クジラの背中に乗せてもらったり・・・ふたりのすてきな夜が始まります。

ながれ星のよる

ベストレビュー

幻想的なSF。

ロボットのランスロットとりんごの木が流星群を観にすりばち島へ向かうことから物語が始まります。
きれいな海の青と夜空の青。
幻想的な青い世界で起きる夢いっぱいのお話です。
私もクジラに乗ってすりばち島に行きたいな。

素敵な夢がみれそうなので、夜眠る前に読んであげたい1冊です。

(よるさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「ながれ星のよる」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

たむら しげるさんのその他の作品

かたつむりタクシー / よるのおと / ゆきゆきゆき / 夢の旅 / うちゅうスケート / クッキー・サーカス



ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪

ながれ星のよる

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット