十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
ねむりひめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねむりひめ

  • 絵本
作: グリム
絵: 牧野 鈴子
訳: 山内 清子
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年5月
ISBN: 9784895882118

4・5歳から
36p/26×25cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

魔女の呪いで眠り続けるお姫さま。彼女の眠りを覚ますのは誰?セピア色の画面に、姫の美しい寝顔が映えます。  
【著者プロフィール】 牧野 鈴子 熊本市生まれ。絵本や童話、詩集などの挿絵の仕事のほか、個展や企画展に向けて独自の制作を続けている。月刊「詩とメルヘン」により、サンリオ美術賞受賞。絵本「森のクリスマスツリー」でボローニャ国際児童図書展エルバ賞推奨、「おはいんなさいえりまきに」でサンケイ児童出版文化賞受賞。

ベストレビュー

ふしぎなことがおおい話

よばれなかったまじょがいじわるだと思いました。

おしろなのに、金のおさらがたどうしてたりなかったんだろうと思いました。

こんなねむっちゃうからすごいと思いました。おしろに入ろうとした王子がみんなとじこめられるからかわいそうだと思いました。

おしろの人はねむっちゃったのに、いばらだけなんでのびるんだろうと思いました。

ふしぎなことがおおい話だと思いました。
(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき

牧野 鈴子さんのその他の作品

ふたりは屋根裏部屋で / クッキーとコースケ 犬と走る日 / 海をわたったヒロシマの人形 / 忘れないよリトル・ジョッシュ / はこちゃんのおひなさま / ゆきだるま

山内 清子さんのその他の作品

さわる絵本 ちびまるのぼうけん <新装版 > / ゆきとトナカイのうた / こども世界の民話(下) / こども世界の民話(上) / 女トロルと8人の子どもたち / 10までかぞえられるこやぎ



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

ねむりひめ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 2
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3



全ページためしよみ
年齢別絵本セット