語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちごの試し読みができます!
文・絵: こが ようこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
絵本での語りかけの様子がわかる動画も見られます!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
やまねこせんせいのこんやは おつきみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やまねこせんせいのこんやは おつきみ

  • 絵本
作・絵: 末崎 茂樹
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年08月30日
ISBN: 9784893259929

2.50×25.0cm 24ページ

みどころ

日本では、古くから日々の往診を重ねることで、住人の健康を見守ってきた町のお医者さんがいますよね。森のみんなから愛されてやまない、やまねこ先生もそんなお医者さんの一人。家族ぐるみのお付き合いで、森のみんなの健康をいつも優しく見守ってくれています。

このやまねこ先生、時おり、忘れんぼうでドジな面もあるけれどそれもご愛嬌。患者さんには熱心な往診でとても頼りにされているんです。今回は、お月見パーティーの約束をすっかり忘れてしまったやまねこ先生。往診が終わった足で、りすのご両親の代わりにこりすたちを連れ、あわててみんなが待ってるお月見パーティーへ猛ダッシュ。だけど、こりすたちが教えてくれた森の抜け道は、足下も悪くて夜の森はどんどん暗くなってきて、おまけにやまねこ先生は木の根につまづき、草むらを滑り落ちたからさあ大変!食いしんぼうのやまねこ先生はお月見パーティーに間に合ったのかしら。
月明かりの下、長机いっぱいに並べられた美味しそうなごちそう。満月を眺めながら森のみんなと囲む晩餐はなんとも贅沢な光景です。
やまねこせんせいシリーズ第三弾は、秋のまんまる満月が待ち遠しくなる絵本です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

<患者思いだけど、ちょっぴりあわてんぼうなやまねこ先生>
今日は十五夜。やまねこ先生は、往診の途中で、お月見の約束を思い出しました。最後の往診を終えると、もう夕方。「急いで行かないと、お月さまが出ちゃう」。そこで、森の中の近道へ。ところが、木の根っこにつまづいて、ツルン!草むらの斜面を滑り落ちていったやまねこ先生、大丈夫?! 
でも、滑り落ちたところは、仲間が集まっている森の広場。なんとか月が出てくる時間に間に合った、やまねこ先生。美しい満月に、森の動物たちはみんなうっとり。

月のきれいな日に夜空を見上げて見たくなるお話です。

ベストレビュー

タイムリーでした

少し前に私が選んだ1冊です。

そのことを忘れていて、最近子供が

「満月みたことないな〜・・・」と

よく言っていたので、ちょうどよかったです。

季節もそんな季節だし、お月見、いいですね。

ただ、お月見というと、だんごのイメージが

強いですが、この絵本には、だんごは

でてこなくて、普通にごちそうをみんなで

食べていました。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


末崎 茂樹さんのその他の作品

おーいおばけ / わんぱくだんのおかしなおかしや / わんぱくだんのてるてるぼうず / くすのきだんちのあきまつり / ぼくのマルコは大リーガー / わんぱくだんのひみつきち



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

やまねこせんせいのこんやは おつきみ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット