庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
ビルはたいくつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ビルはたいくつ

作・絵: リズ・ピーション
訳: ほむらひろし
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784774310534

幼児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

リズ・ピーションの描く愉快で奇想天外なストーリーがたいくつしらずの世界へと子どもをぐんぐんひきこんでいきます。
翻訳は歌人・エッセイストとしても活躍中のほむらひろしさんです。表紙のビルのたいくつな顔に魅せられてしまったほむらさんが、“たいくつ”のむこうにある“わくわく”をみなさんにお届けします!

ベストレビュー

たいくつなのは・・・

表紙のちょっとおとぼけな感じのビルの顔がかわいくて、手にとりました。この本の主人公ビル、は犬です。飼い主のピックルおばさんは、毎日色々なことを楽しみ、忙しく過ごしているのに、ビルはたいくつで仕方ないのです。そんなビルがひょんなことから、宇宙へ飛び出してしまいました。ビルはこれでたいくつじゃなくなるはず、と大喜び。ところが、出会った宇宙人たちは、ビルのように「たいくつだ〜」と言って動きません。そこでビルは気づきます。「たいくつなのは・・・」って。それからビルは大変身!ピックルおばさんのように毎日を楽しめるようになります。
楽しい毎日が送れるかどうかは、気持ちしだい。色々なことにチャレンジしなくちゃ、と思わせてくれる本です。
(りろりろさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子4歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リズ・ピーションさんのその他の作品

トム・ゲイツ ステキないいわけ / トム・ゲイツ トホホなまいにち

ほむらひろしさんのその他の作品

ぼくたちの春と夏と秋と冬 / はなおとこ / MR.HAPPY ハッピーくん / LITTLE MISS LUCKY ラッキーちゃん / MR.BUMP ドジドジくん / LITTLE MISS SUNSHINE ニコニコちゃん



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

ビルはたいくつ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット