だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
あかちゃんカラスはうたったよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかちゃんカラスはうたったよ

作・絵: ジョン・ロウ
訳: 高橋源一郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「あかちゃんカラスはうたったよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

歌の名手として有名なカラスの一族に赤ちゃんが生まれました。ところが、赤ちゃんカラスは「カァ」と、うまく鳴けません。とうさんカラスは心配して、おじいさんのところへ連れていきますが……。

ベストレビュー

ビィィィィィ〜が確実にウケます

左のページが文章で
右のページが絵です。
お話を聞いている娘は字が読めないので
右側の絵のみを見ています。
絵は込み入った仕込みはなく
カラスの表情をとらえる感じで
お話にそっと寄り添っています。

なんといっても面白いのは泣き声です。
上手に鳴かすためにさくらんぼの種を取り除くと
カァァァァァァとうるさくて、みんなが迷惑してしまいます。
そこでまた種を与えて下手な鳴きかたの
ビィィィィィィに戻してしまうというおかしなお話です。

カァァァァァァはうるさく
ビィィィィィィは低音で滑稽に読むと
娘達は大ウケでした。

文章表現も語りかけるような口調なので
一味違った絵本だなと思いました。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・ロウさんのその他の作品

まっくろスマッジ

高橋源一郎さんのその他の作品

新装版ピートとうさんとティムぼうや / 新装版 こっちを むいてよ、ピート!



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

あかちゃんカラスはうたったよ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット