となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ハーメルンのふえふき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハーメルンのふえふき

絵: アンネゲルト・フックスフーバー
訳: 小沢 俊夫
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ハーメルンのふえふき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年12月
ISBN: 9784034251904

小学初級から
24cm×21cm/25ページ

出版社からの紹介

北ドイツの町ハーメルンでは、ふしぎな笛の音とともに、町のネズミと子供たちがきえてしまった…。中世ドイツに伝わる有名な伝説。

ベストレビュー

不気味な雰囲気、でもおもしろい

うそをつかれた笛吹男がその報復に(?)、町中の子どもをどこかに連れて行ってしまうお話。最後にその子たちの一部が帰ってくるのですが、目が見えなかったり、口が聞けなかったりと、ちょっと残酷です。
絵の不思議な雰囲気も、淡々とした文章も、このお話にぴったりだと思います。本当にありそうな、でもメルヘンの世界のような、きつねにつままれたような気分になるお話です。
一度、読んでみてほしいです。
(じっこさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

出版社おすすめ


アンネゲルト・フックスフーバーさんのその他の作品

ちきゅうの子どもたち (新装版) / 手のなかのすずめ / ちきゅうの子どもたち / 友だちのほしかった大おとこの話+友だちの / ゆめくい小人

小沢 俊夫さんのその他の作品

赤いおおかみ / 日本の昔話(全五巻)セット



おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

ハーメルンのふえふき

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット