話題
たべもののまちABCity

たべもののまちABCity(小学館集英社プロダクション)

A〜Zのたべものでできた世界で一番おいしそうな街。おいしくてかわいい、ふしぎな街を一緒に探検しよう!

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
口で歩く

口で歩く

  • 児童書
作: 丘 修三
絵: 立花尚之介
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2000年10月
ISBN: 9784338170062

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
A5判/95ページ

小学4年生向け 児童書セット

出版社からの紹介

タチバナさんはずっと寝たきり。でも、くじけたりはしません。いつも特製の車輪つきベッドに横になったまま散歩に出かけます。第48回産経児童出版文化賞/日本放送賞。

ベストレビュー

心広くなれる本です

骨の発達障害で20年間も寝たきり(?)のタチバナさん。
内にこもるのではなく、実に行動的なのです。
自分で立てないために、ベッドに車を付けたような特殊な乗り物で移動します。
天気が良いので同じく障害を持つ上野さんの家を訪ねることにしましたが、お母さんに特殊ベッドに乗せてもらった後は通りがかりの人任せ。
スゴイお話ですが、健常者の様子を障害者の目から見ると、そして自分を振り返るといろいろな事を考えさせてくれるのでした。
タチバナさんは、今の自分を決して否定しないのでした。

タチバナさんが移動するためには、人の力を借りなければいけません。
通りがかりの人に声をかけるのですが、人にはそれぞれの事情があります。
決して自分の都合通りには移動できません。
タチバナさんは成り行きをしっかり受け止めるのでした。

ベッドを押してもらっているうちに会話が生まれます。
中には、「おとなしく家で寝ていればいいんだ」なんて乱暴な言葉も飛び出しましたが、実際障害者にひややかな人もいるでしょう。
それぞれに人にはいろいろな事情があるのです。
タチバナさんは周りの人の事情も温かく受け止めるのです。
立場が逆転しているようにも思えるのですが。

自分たちはどうしても自己中心に物事を考えてしまいがちですが、人に生かされていると考えれば、人との接点の大切さも自ずと実感できるものです。
この本はそんなことを示唆してくれます。

物語の前に詩があります。
「人はひとりで生きているのではありません。
……
だれひとりとして意味のない人は、いない。
だれひとりとして価値のない人は、いない。
……」
この本を読み終えた後、もう一度噛みしめて下さい。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
2,090円
1,320円
880円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
3,960円
1,650円
11,440円

出版社おすすめ




『100にんのサンタクロース』好きなサンタさん投票TOP10結果発表!!

口で歩く

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら