新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ひぐれのお客

ひぐれのお客

作: 安房 直子
絵: MICAO
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,540

「ひぐれのお客」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年05月
ISBN: 9784834025637

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数:208
サイズ:19X13cm

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

つい買ってしまいました

安房直子さんの本は高校生ぐらいの時から買い集めていて、今も持っています。

絶版本もかなり持っているし、この本に収録されているお話も読んだことがあるのですが、単行本未収録のエッセイがあるということで、ついついつられて買ってしまいました。

エッセイ「絵本と子どもと私」を読んで、やっぱり買ってよかったなあと思いました。

このエッセイ、安房さんが息子さんに読み聞かせをしていた時のことが書かれていて、現在子育ての中でどんな風に読み聞かせをしたらいいかと思っておられる親御さんの指針にもなりそうだと思いました。

エッセイのことばかり書いてしまいましたが、収録されている童話はどれも安房さんらしい珠玉の作品だと思います。

安房さんファンの私としては一人でも多くの方に、安房さんの作品を読んでいただきたいという思いでレビューを書いています。

秋には「ひぐれのラッパ」も刊行予定だということで、こちらの方も楽しみにしています。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
935円
1,078円
1,100円
770円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
770円
385円
385円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

ひぐれのお客

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら