新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

もしかして ぼくは

もしかして ぼくは

  • 児童書
作: 内田 麟太郎
絵: 早川 純子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年07月22日
ISBN: 9784790232728

出版社のおすすめ年齢:5・6・7歳〜
21.6×15.1mm/64ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「おはなしのくに」編集者にインタビューしました!

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

ヘビのにょろくんが、森の動物たちと軽口をたたきながら、いつものようにのんびり散歩をしていると、急に体が動かなくなって…。振り返ってみると、一番怖い「アイツ」がにょろくんのしっぽを踏んづけていたからさあ大変! どうなる、にょろくん! リズミカルに展開されるテンポのよいお話に、独特の太い線で人気のある画家早川純子さんのかわいいイラストがついて、なんとも愉快なナンセンス童話が出来上がりました。最後まで目が話せないお話です。

ベストレビュー

シュール&ホット

内田麟太郎さんの絵本は、たくさん読んだことがありますが、童話は初めてだったので、どんな風に展開するんだろうって、期待いっぱいでした。

穏やかな冒頭、急展開の中盤、絶体絶命の山場を越え、まさかまさかの結末でした!
途中から、(これ、ナンセンス??)なんて思いが頭をよぎりながらも、ドキドキ・ハラハラの展開から目が離せませんでした。
何よりも、ぼくを救おうとする、仲間たちの思いに胸が熱くなりました。
それでも、(もうだめ〜っ!)と、目をつぶりかけたその時、さらにありえない展開が!!

かぎりなくホットで、ちょっぴりシュール。内田麟太郎さんのふたつの魅力が、両方味わえるおはなしでした。

娘の反応も良かったです!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,430円
1,210円
1,980円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
3,300円
4,290円
2,750円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

もしかして ぼくは

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら