だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おっかなびっくりしまうまくん」 みんなの声

おっかなびっくりしまうまくん 作・絵:マリオ・ラモ
訳:いわきりしょういちろう
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年
ISBN:9784883301409
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,391
みんなの声 総数 8
「おっかなびっくりしまうまくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ドキドキしました

    三日月が光る真夜中の出来事。
    真っ暗な闇の中を走る小さな影。
    それはしまうまくん。
    しまうまくんのアップとともに、ユーモアたっぷりの表情。こわい夜のお散歩、おとなたちはやめなさいというけれど、ドキドキしながらも、どんどん態度が大きくなるよ。大丈夫かな、しまうまくん…
    ほらほら、どうするの?だから言ったじゃない。
    おとなの声がいろいろ聞こえてきます。どうなることやらドキドキが止まりませんでした。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちが、教訓??

    こわいもの知らずのしまうまくん。
    夜の草原をたったひとりで駆けていきます。
    こわいもの知らず具合に驚くおとなのどうぶつ達に
    しまうまくんは、どんどん調子に乗っていきます。
    それもピークに達したころ、みんなに散々聞かされていた
    あの「ライオン」に遭遇。
    今までの自信はどこへやら、今まで出したこのとないスピードで、
    命からがら逃げて仲間のところに戻るお話です。

    しまうまくんの無謀さ、それはもちろん本を読んでいる子どもへの
    警笛でもあると思うのですが、このライオン追いかける以前に
    水に落っこちてしまって、追いかけることすらできなかったんです。
    なんだか「幽霊の正体見たり 枯れ尾花」な感じがして、
    本を読む側には、「なんだ、やっぱり大したことないじゃん」って
    印象が残り、少し残念でした。
    個人的には、危機一髪だからこそ、教訓として生きてくるんじゃ
    ないかな〜と思ってしまいました。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり!

    初めの内は、はしゃいで読んでいたけれど、ライオンの出てきたシーンは、恐くてドキドキしました。読んでいても自分でも逃げているのに夢中になっている私がいました。スリル感を充分あじわえた絵本です。
    動物にとって夜の世界の危険がいっぱいなことが理解できる絵本です。
    人間だって夜は、外に出ないがいいにきまっています。しまうまくんは、仲間に自慢することも冒険することも好きなんだろうか?冒険は絵本だけで楽しみたい消極的な私です。孫は、暗い色が好きなんだとまた確認(?)した絵本でした。

    掲載日:2008/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙

    月の上に乗って嬉しそうに穏やかに微笑む主人公が素敵だったのでこの絵本を選びました。夜の闇の不気味さと神秘的な様子をとても上手に表現している作品だと思いました。暗がりで様々な動物を見ると昼間とは違った雰囲気なのに驚きました。文章がとても素敵で特に風景の描写をした文章が極上でした。主人公の心の中の動きを感じられる絵本でした。黒色の使い方が素敵でした。

    掲載日:2008/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おそろしいって言われてもね

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    子どもにこわいよとか、おそろしいよと言って、危険なもの(事)に近づかないように言いますが、
    子どもにとっては言われれば言われるほど、飽き飽きしてまたそのはなしって事になります。
    それでも、ついつい口うるさく言ってしまいます。

    暗い中で、次は何が出てくるのかなと、このしまうまと一緒に体験できるようになっています。
    一緒に冒険できて、子どもたちは引き込まれると思います。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての夜の世界

    小さなしまうまくんが、静けさに包まれた夜の世界へと踏み出します。
    闇の中からふいに姿を現す動物たち。
    まずはどんな動物なのか、ヒントが出てきます。
    「4ほんの ながい ぼう」
    ページをめくると、闇にまぎれた動物の正体が分かるようになっています。お子さまと一緒に、なんだろう?って考えて楽しめるつくりです。

    しまうまくんの夜は、思わぬ出来事でしめくくられます。

    イラストはかわいらしく、文章も詩のような感じで、リズムよく口に出して読みやすいと思います。

    掲載日:2007/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いものしらず

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    こどものしまうま  まだらいおんを見たことがない。
    みなが危ない危ないと言うけれど、夜に出会った動物たちは
    小さい僕を見て、ビックリしたりたまげたりするので、自分は
    強いと勘違いしてしまう。みなは夜に一人で散歩している事に驚き、ビックリして早く帰りなさいと諭すのだけれど・・・
    水のみ場でライオンにとうとう出会ってしまいます。初めて見るライオン、怖くて後ろも見ずに走ってにげます。なんとか他のしまうまのいる所に帰る事が出来て一安心  水が飲めなかったなぁとのんきなしまうまです。

    知らない事は知りたいと思うし、見てみたいもの。
    でもそれが無茶な行動をさせたり、傲慢な態度をとる事になったり。大人は、締め付けるのでなく必要なことを必要な時に子供に教えてあげる事が大事ですね。生きて行く上の知恵みたいなものを・・・

    掲載日:2006/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャッチーな、シマウマの絵に惹かれ借りてきました。

    題名に反して、かなり、堂々と、真夜中の草原を冒険するシマウマ君。
    読んでいるこっちは、確かに「おっかなびっくり」で、いつ食べられるんではないかと、気が気ではありません。

    最後は、ライオンが、失敗してくれて、シマウマ君は本当に強運の持ち主です。
    でも、一度怖い目にあったら、もう怖いことはわかったでしょうね。

    なんでも、やってみないとわからないですものね。

    4歳くらいから、読んであげるのがいいと思います。

    掲載日:2006/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット