だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

三ねんねたろう」 みんなの声

三ねんねたろう 作:大川 悦生
絵:渡辺三郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年
ISBN:9784591003817
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,979
みんなの声 総数 13
「三ねんねたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 学校の劇でやりました

    この「三年寝太郎」は自分が子供の時に劇でやった思い出があります。うちの子は、三年も寝ていていきなり起きてきて村の水害を解決するいい案を出していました。その姿がうちの子には面白く見えたみたいで「寝たらいい方法思いつくのかな〜!?」なんて言いながら楽しんでみていました。

    掲載日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝るって大切

    昔話が大好きな7歳の娘と5歳の息子と一緒に読みました。
    なかなか暮らしが良くならない働き者のねたろう。おかあさんが亡くなったショックで、「おらはたらいてもはたらいても、だめなんやなぁ」といって寝てしまいます。
    それからはお役人が来ても、子どもがからかっても、どんなにしても起きなかったねたろうが、3年3月経ったある日、起き上がったかと思うと、村のたんぼに遠くの川から水をひいてこようと言い出します。
    「何をやってもダメな時はとりあえず寝てしまう」というのは、案外、有効な対応策かもなと、妙に納得してしまいました。昔話というのは、子どもが読んでも面白く、大人にもいろいろな気づきがあっていいなと思います。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三年間に見た夢は

    タイトルを聞いて想像した話のイメージと違うのでびっくりしました。
    働き者の若者が、三年間眠り続けて、目覚めたら見違えるような努力の人に変わります。
    三年間の脱力感は、母を失った喪失感と、水不足で稲が育たない土地への絶望感だったのでしょうか。
    三年間に夢見たことは、水豊かな土地と悲しみを繰り返さない、自分の設計図だったのでしょうか。
    寝太郎の変節の落差の幅が、ちょっと極端ですね。
    滑稽味のある大川悦生節が、物語を盛り上げています。

    掲載日:2014/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三ねんねたろうの話しはタイトルをよく耳にしてずっと気になっていました。寝ているだけでは物語が進まないのではと思っていました。
    一番びっくりしたのが、ねたろうはもともと働きものだったということ。きっと、長年寝ながら皆の幸福のためにどうしたらよいものか、考えていたのでしょうね。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝てばっかり

    冬休みに入ったとたんに、朝寝坊している子供に読んでみました。
    寝てばかりいる「ねたろう」に、「えー、へんなのー」と言いながら笑って見ていました。
    良いおじいさん・悪いおじいさんといった、ほかの昔話のような教訓みたいなものがないので、堅苦しくなく楽しめるのではないでしょうか。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお話だったんだ

    • ぽにょさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳

    三ねんねたろう・・・3年寝て、起きてどうしたっけ?
    子供にお話するにもママがわからなくてどうする!

    ってことで、図書館から借りてきたんですけど、寝たろうってすごいね。
    お母さんが亡くなるまでは、ひたすら働いていた寝たろう。
    でも、お母さんがいなくなって、ある疑問が浮かんだ。それで寝たろうになっちゃったんだけど、3年間寝ている間にひらめいたのかな?
    日照り続きの村の田んぼに、用水路を引いちゃったよ!?

    ちょうど、『見沼の竜』というお話を読んだ後だったので、子供にも理解しやすかったみたい。田んぼを作るのって大変なんだよね。

    ママが忘れてしまった昔話も、こうして子供と一緒に読み返すのもいいですね。

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勘違いしてました

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    「ねたろう」の名前は昔話では浦島太郎、桃太郎、金太郎についで知られる「たろう」だと思うのですが、今までちゃんとお話を読んだことはなく、その名前から、ぐうたらな寝ぼすけのお話かと思っていました。しかし、「ねたろう」は本当は働き者で、素晴らしい男の人だったんですね。

    頑張っても頑張っても結果が出ないと誰でも心が折れますね。
    ねたろうは3年3カ月もの間眠って、眠りながらどうしたらこの状況を脱することが出来るかをずっと考えていたような気がしました。

    最後まで諦めない、根気よく、ということを教えてもらった気がしました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知ってるつもりが・・・

    このお話 知っているつもりでいたんですが
    いざ絵本を借りて読んでみたらビックリ。
    そうか〜ねたろうが眠り続けたのにはこんな真面目な理由があったんだ。
    私は単なる“ものぐさたろう”的なコミカルな話だと思い違いをしていて
    恥ずかしく思っていたら
    巻末に“もうひとつの民話”とあって
    『となりのねたろう』というお話が紹介されていました。
    そうか思い違いでもなかったんですね。ちょっとホッとしました。
    似たようなお話が昔話には多くて
    色々な捉えかたもあって面白いですね。
    ぜひ子ども達に知って欲しい昔話です。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねたろうは 本当に寝てばかり

    昔は 病気のおっかさんを助けて 優しい、正直者だったんですね、
    それがなぜ 寝たろうになったかが わかりました。

    おっかさんも死んでしまったら 生き甲斐亡くしても仕方ないですよ。

    それが なんと 三年三月 たった 村の秋祭りに 起きたんです。

    ねっからの 正直者のねたろうは  みんなのために すごい力を出すのです。
    ねたろうのちえでなるんです。 みんなにために 川を引いて 米がとれるようになったのですね!


    いい話です。

    あくせく働く 現代人にも こんな余裕と 知恵が必要だなと思いました。

    わたなべ さぶろうさんの絵がほっこりできていいですね!

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝るに限る☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    どんなに頑張ってもどうにもならない時は
    一度横になって寝てしまえ!
    そしたらまた元気になるし 良い考えも浮かぶだろうよ…
    という民話ならでの 
    あっけらかんとしたメッセージが
    聞こえてくるようなお話でした。
    それと同時に
    どうにもすることが出来ない貧しさだと思っていても 
    やはり自分達の手でなんとかするしかないんだ!
    と農民達の気持ちを奮い立たせるお話であったのかもしれないな…
    と感じました。
    深刻な苦しみを 明るく前向きな話にして語り継いできた
    先人の心意気…見習いたいものですね。

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット