庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

トキのキンちゃん」 みんなの声

トキのキンちゃん 作・絵:いもと ようこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784265069712
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,908
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 悲しい事実を・・・

    先日、トキのヒナが確認されて
    お祝いモードのニュースが流れていたときに
    本屋さんで出会った絵本。

    たった1匹になってしまった日本のトキ。
    ゲージの中で老いて眠り続けて・・・
    ある日飛び立つようにして頭をぶつけて
    亡くなりました。

    この事実を忘れてはいけないと思いました。
    人間はなんて勝手なのでしょうね。

    ただただ、絶滅を免れようとした人間の愚かさ。
    空を飛ぶことなく亡くなったキンちゃん。
    ごめんねの涙がこぼれました。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 心にズキンときました

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    この絵本を読んで、よかったと思いました。
    私は新潟に住んで10年以上たちますが、トキというものについてほとんど知識がなかったことが、この絵本でよく分かりました。

    この絵本は、実話です。
    1羽のトキと金太郎さんとのお話。
    いもとさんの優しい絵の雰囲気から、幸せな内容の絵本だと思って読み始めました。
    しかし、それはちょっと違うものでした。
    トキと保護センターの間で揺れる金太郎さんの気持ち、トキの気持ちを考えると、とても胸が苦しくなりました。

    この絵本でお互いを思いやる大切さ、切なさ、そして、自由とは何なのか?人間の身勝手さなど、いろいろと考えさせられました。
    トキの話ですが、自分自身、いろいろなことを考えさせてもらえるいい機会を与えてもらえたような気がします。

    4歳の娘にはちょっと難しい内容だったように思いますが、新潟に住んでいるのなら、1度は読んでほしい絵本だと思います。
    もう少し大きくなったら、また読んで、一緒に考えたいな〜と思います。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 知っていてほしい!!

     子どもが童話発表大会で読みました。
    日本最後のトキ「キンちゃん」とずっと見守り続けていた宇治金太郎さんのお話です。それぞれがどんなに深いきずなで結ばれていたかを知ると、心が痛くなります。また、自由ってなんだろう、生き物にとって、一番よい状態ってなんだろうと考えさせられるものがありました。たくさんの人に知っていてほしいお話です。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間て・・・

    実際にあったことを本にしているということもあり
    ますが、金太郎さんのトキを思う気持ちに読んでいる
    うちに涙がでました。そして、トキが絶滅においこまれ
    る原因をつくったのも人間、人間は勝手だなと思い
    しらされました。トキの話題はニュース等で目にしま
    すが、今に至るまでにこんなストーリーがあったという
    ことを知れてとても良かったと思います。

    掲載日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しく描いてくださっていますが、
    人間の勝手さ、残酷さを
    知らされる絵本です。

    美しい羽をむしるために殺され
    田畑にまかれた農薬の毒で殺され
    絶滅寸前になってしまったトキ。
    そして、一羽のトキが、種の保存という名目で捕獲され
    一生檻の中に閉じ込められました。

    死ぬのも生きるのも、人間の都合に左右されたトキ。

    このお話に描かれたキンちゃんは、
    その後、36年間も空を飛べずに檻の中に閉じ込められました。
    どんなにか、お外に戻りたかったでしょうか。

    捕獲を依頼された宇治金太郎さんは、
    信頼を寄せたトキのキンちゃんを裏切らなければいけなかった。
    その苦悩も描かれています。

    この絵本に涙するだけで終わらせず、
    動物園、水族館、学校の飼育室に閉じ込められている動物たちや
    サーカスなどに使われている動物たちのことを
    もっと私たちは思いやらなければいけないのではないでしょうか?

    掲載日:2013/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸に迫る

    うじきんたろうさんの心情が痛いほど伝わってくるなんとも切ない内容でした。
    保護のためとはいえ、人間に育てられるトキを見ると心が痛みます。
    関わっている方々もいろいろな想いを抱えつつ懸命に努力されていること思います。
    このような状況に置かれている動物はトキだけではないことにも
    やりきれない気持ちです。

    掲載日:2010/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自由に空を飛びたい。

    鳥は自由に飛べることが生きがいであって、安全であるからといって檻に一生入れられてしまうのはどうなんだろう・・・36年もの間。

    人間に置き換えてしまうと、あまりにも可愛そうに思いました。
    そして、金太郎さんが望んでいたキンちゃんの最後でもなく。
    金太郎さんに最初で最後に抱きしめられる場面がとても印象深かったです。
    キンちゃんにとっての幸せとは、なんだったのでしょうか?


    掲載日:2009/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつかはきっと・・・!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳

    昨年佐渡で放鳥され、我が県(=新潟県)で話題になっているトキ。
    ここ上越にも飛来してきてるようで、何人もの友人から「トキ見ちゃった〜!」のうらやましい声。
    5月に行われる「図書館祭り」でも、図書館側の要望で「トキ」が出てくる紙芝居を読む予定です。

    でも、県外出身の私は、今まで「トキ」なんてよく知らなくて・・・(大汗)。
    そこで、図書館で探してみたら、いもとようこさんが描かれた、美しいトキの絵本を発見!さっそく、次女に読んでみました。

    実話だそうです。

    日本最後のトキ=キンちゃんを、絶滅から救うため、なんとか捕獲しようと、保護センターが考えた方法は・・・???

    金太郎さんとキンちゃんの静かな交流があたたかく、心を打たれます。(いもとさんの、優しく美しい画風がピッタリです!)

    仕方なく、キンちゃんをだましてつかまえるシーンは、胸がつぶれそうになります。

    次女には、この辺の描写と、ラストシーンが辛かったらしく、あまり気に入らなかったようです。

    でも・・・
    どうして、トキという美しい鳥が絶滅してしまいそうになったのか?!
    なぜ、捕獲して保護しなければならなかったのか?!

    親子で、色々話をして、深めたい絵本です。

    そして、いつか、日本中の空をトキが舞う姿を、当たり前に見られる日が来るように、私たちができることは何か?!子どもたちと一緒に考えていきたいですね。

    掲載日:2009/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の鳥

    • さたちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子8歳、女の子4歳

    朱鷺の試験放鳥があったので 朱鷺に関する絵本がないか?
    探したところ 出会いました。

    今は新潟県民なのですが 出身は県外なので
    これまでは 全く 朱鷺 に興味が無かった私!
    しかし 昨今のニュースとこの本とが
    日本の鳥 朱鷺 の存在を凄く大きくしました。

    出来れば 多くの子どもに知って欲しいお話だと
    思います。
    そして大人も今後どうしたら昔のように
    自然に朱鷺が飛び回る日本が戻ってくるか
    考えて欲しいです。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良い勉強になりました・・・・

    • ひいこたんさん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子10歳、男の子7歳、男の子5歳

    3人の子供達に読み聞かせをしましたが、少し難しかったかも知れません。
    内容的には、絶滅寸前のトキを保護する為に、奮闘するトキとおじさんのはなしなのですが、読み終わったあとは、
    『トキはどうなったの??』
    『なぜ、トキを捕まえるの?』
    『なぜ、トキは死んだの??』
    と質問攻めでした。
    自分自身がトキについてほとんど知識が無かったので、考える良いきっかけになったと思います。

    掲載日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / うずらちゃんのかくれんぼ / おこだでませんように / 精霊の守り人 / 魔女のシュークリーム

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット