庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

きつねのぼうさま」 みんなの声

きつねのぼうさま 作:松谷 みよ子
絵:宮本 忠夫
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784591061763
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
「きつねのぼうさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 木曽福島の伝説。宮本さんの絵が素敵

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    昔話は小さい子でも理解できる。と、よく聞きますが、この作品、出版社さんからのお薦めが2歳から5歳になっていました。これはちょっと年齢を下げ過ぎてませんか〜?

    このお話はもともと長野県・木曽福島の興禅寺に伝わる伝説を基にしているそうです。
    最後は悲しい結末となりますが、自分の主人を思うきつねとその狐を思う優しい坊様の心の恐竜を見ていると、読んでいて暖かい気持ちになりました。
    また、宮本忠夫さんの絵がすごくお話に合っていました。
    きつねと若君とが遊んでいる(過去の)シーンのページ、すごくよかったです!

    読み聞かせなどに使うなら、
    討ち死にとか、案じてとか、学者の門をたたくとか、時代背景などがある程度想像できる年頃、小学校の低学年くらいから中学生くらいのお子さんたちにお薦めしたいです。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    松谷みよ子の大好きな私は、「きつねのぼうさま」を図書館で見つけると嬉しくなって一人で一気に読みました。文章にとても思いやりがあって優しさが滲んだ作品でした。白いきつねが幼い日々を一緒に過ごした若君に逢いたい一心さがとても素直に出ていていました。悲しい結末に切なくなります。若君を慕ってきた白ぎつねの気持ちを知っているのだから、素直に、「よくきてくれた」となんで言えなかったのが残念に思いました。白ぎつねが上手く化けて姿を変えている気持ちを考慮してだとわかるのですが、後々後悔しない為にしたいと思いました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木曽の伝説

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    その土地に伝わる民話や、伝説を子どもたちは知らなくなりました。
    こういった話を大事にしてもらいたいです。
    このおはなしは、悲しいものですが、亡くなった後でも、みんなを見守っている存在を、
    子どもたちに感じてもらいたいです。
    絵もとても素敵です。

    掲載日:2006/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット